MENU

1時間で読書速度が2倍に!?速読力の鍛え方と効果的トレーニング法

当ページのリンクには広告が含まれています。
1時間で読書速度が2倍に!?速読力の鍛え方と効果的トレーニング法

あなたは、山積みの本や資料に囲まれて途方に暮れたことはありませんか?

「もっと早く読めたら…」

「理解力を落とさずに読むスピードを上げられたら…」

そんな思いを抱いている方も多いのではないでしょうか。

実は、速読は特別な才能ではありません。

適切なトレーニングを積めば、誰でも習得可能なスキルなのです。

驚くべきことに、わずか1時間の練習で読書速度が2倍以上になった例も報告されています。

本記事では、速読力を鍛えるための効果的な方法や、そのメリット、さらには注意点まで詳しく解説します。

東大生の読書法や、子どもでも始められる速読トレーニングなど、幅広い情報をお届けします。

これから紹介する方法を実践すれば、あなたの情報処理能力は飛躍的に向上するでしょう。

仕事の効率アップや学習時間の短縮、さらには趣味の読書の幅を広げるチャンスです。

さあ、あなたも速読の世界へ踏み出してみませんか?

新たな可能性が広がっていますよ。

この記事を読んでわかること
  • 速読の基本的な技術と習得方法
  • 速読のメリットとデメリット
  • 速読力向上のための具体的なトレーニング法
  • 速読が学習効率や仕事の生産性に与える影響
この記事を流し読み

速読力を鍛える方法とは?基礎知識

このセクションをざっと見る
  • 速読は何に役立つのか
  • 日本人の読解力は低下している
  • 本は1時間で何ページ読めるのか
  • 読む力を高める方法は
  • 東大生は速読しているのか

速読は何に役立つのか

速読は何に役立つのか

速読は、読書の効率を大幅に向上させる技術です。

この能力を身につけると、同じ時間でより多くの情報を吸収できるようになります。

仕事や学習の生産性が高まり、知識の幅が広がります。

速読のメリットは以下の通りです。

  • 情報収集のスピードアップ
  • 学習時間の短縮
  • 仕事の処理能力向上
  • 記憶力と集中力の強化

特に、試験対策や業務効率化に大きな効果があります。

例えば、TOEICのスコアが180点以上上がった事例や、1日に数冊の本を読めるようになった例もあります。

ただし、速読は単に文字を早く追うだけではありません。

内容の理解と記憶を伴うことが重要です。

適切なトレーニングを受けることで、読解力と記憶力も同時に向上させることができます。

ことり先生
速読で時間を節約して、好きなことにも挑戦しよう!

日本人の読解力は低下している

日本人の読解力低下は、近年注目されている問題です。

この傾向は、国際的な学力調査の結果からも明らかになっています。

読解力低下の要因

  • スマートフォンの普及による長文離れ
  • SNSなどの短文コミュニケーションの増加
  • じっくり本を読む習慣の減少

この状況は、学業だけでなく、社会人になってからの業務にも影響を及ぼす可能性があります。

文章を正確に理解し、適切に処理する能力は、多くの職場で求められるスキルだからです。

読解力向上のためには、以下のような方法が効果的です。

  • 定期的な読書習慣をつける
  • 多様なジャンルの本を読む
  • 読んだ内容をまとめる練習をする
  • 速読技術を学び、効率的に読む力をつける

特に、速読技術の習得は、読解力と同時に情報処理能力も向上させるため、現代社会に必要なスキルといえます。

ことり先生
読解力アップで、人生の可能性が広がるよ!

本は1時間で何ページ読めるのか

本は1時間で何ページ読めるのか

読書速度は個人差が大きく、本の難易度やジャンルによっても変わります。

一般的な日本人の平均読書速度は、1分間に約600文字。

これを1時間に換算すると、約36,000文字となります。

標準的な文庫本(1ページ40行、1行40文字)の場合、1ページあたり1,600文字になります。

つまり、平均的な読書速度では、1時間あたり約22.5ページを読むことができます。

しかし、速読技術を身につけることで、この速度は大幅に向上します。

例えば

  • 分速3,000文字(5倍速):1時間で約112ページ
  • 分速6,000文字(10倍速):1時間で約225ページ
  • 分速10,000文字(16.7倍速):1時間で約375ページ

これらの速度で読むと、1冊の文庫本(約300ページ)を以下の時間で読破できます。

読書速度1冊にかかる時間
通常速度約13時間20分
5倍速約2時間40分
10倍速約1時間20分
16.7倍速約48分

ただし、速度だけでなく理解度も重要です。

SP式速読法では、速度を上げながらも内容の理解と記憶を維持することを目指します。

ことり先生
速読で本の世界がもっと広がるよ!

読む力を高める方法は

読む力を高めるには、複数のアプローチがあります。

以下に効果的な方法をいくつか紹介します。

継続的な読書習慣をつける

  • 毎日10〜30分の読書時間を確保する
  • 多様なジャンルの本を読む

精読と速読を組み合わせる

  • 精読:内容を深く理解し、記憶に残す
  • 速読:全体の流れを素早く把握する

目の動きを効率化する

  • フィンガーリーディング:指で文字をなぞりながら読む
  • 視野を広げるトレーニングを行う

脳内音読を減らす

  • サブボーカル化(頭の中で音読すること)を抑制する
  • 単語や文章のチャンキング(まとまりで認識)を練習する

ワーキングメモリーを鍛える

  • 読んだ内容を要約する練習をする
  • 記憶力と理解力を同時に向上させる

速読トレーニングを受ける

  • プロの指導で効果的な技術を学ぶ
  • 個人に合わせたカリキュラムで練習する

これらの方法を組み合わせることで、読解力と読書速度を同時に向上させることができます。

特に、速読技術の習得は、情報処理能力の向上にも繋がり、学業や仕事での生産性アップにも効果的です。

ただし、すぐに成果が出るわけではありません

継続的な練習と適切なトレーニングが必要です。

SP式速読法などの専門的な指導を受けることで、より効率的に読む力を高められます。

ことり先生
読む力アップで、知識も自信もゲットしよう!

東大生は速読しているのか

東大生は速読しているのか

東京大学の学生たちは、一般的に高い読書速度を持っています。

実際に20名の東大生を対象に調査したところ、全員が平均的な読書速度である600文字/分を上回り、その中の30%以上が1500文字/分以上で読むことができました。

最高速度は1800文字/分を超えており、これは一般人の3倍以上の速さです。

東大生の多くは、効率的な情報処理能力を身につけています。

彼らは単に速く読むだけでなく、高い理解力と記憶力も併せ持っています。

特筆すべきは、速読に必要な記憶力チェックで優れた結果を示したことでしょう。

ただし、全ての東大生が速読のエキスパートというわけではありません。

彼らの読書速度は個人差があり、また専攻分野によっても異なる可能性があります。

しかし、多くの東大生が意識的または無意識的に、効率的な読書法を身につけていることは確かです。

東大生の読書法の特徴として、以下のようなものが挙げられます。

  • 文章の構造を素早く把握する力
  • 重要なポイントを瞬時に見抜く能力
  • 高度な集中力と持続力
  • 豊富な背景知識を活用した理解力

これらの能力は、膨大な量の学習と日々の読書習慣によって培われたものと考えられます。

東大生の多くは、効率的な読書法を通じて、限られた時間内でより多くの情報を吸収し、学業や研究に活かしているのです。

ことり先生
東大生の読書スピードはすごいね!でも、速さだけじゃなくて理解力も大切だよ

速読力を鍛える効果的な方法と実践

このセクションをざっと見る
  • 脳内音読をやめる
  • 速読は誰でもできる?
  • 速読はどれくらいで身につく?
  • 速読は子どもでもできるの?
  • 速読脳トレのやり方は?
  • 速読をマスターするメリットは?
  • 速読のデメリットは?
  • 速読法を無料体験してまずは読書速度を2倍に!
  • 速読力の鍛え方に関するFAQ
  • 【まとめ】速読力の鍛え方と効果的トレーニング法

脳内音読をやめる

脳内音読をやめる

脳内音読は速読の大きな障害となります。

多くの人が無意識のうちに行っているこの習慣を断ち切ることで、読書速度を飛躍的に向上させられます。

脳内音読をやめるには、まず意識的に目で文字を追うことから始めましょう。

文章を「見る」ことに集中し、頭の中で声に出して読まないよう心がけます。

練習方法として、指やペンで文字を追いながら読むフィンガーリーディングが効果的です。

これにより、目の動きが速くなり、自然と脳内音読が減っていきます。

また、チャンキング法を用いて、単語や句をまとまりで捉えることも有効です。

単語や文節単位で意味をつかむことで、一つ一つの単語を頭の中で発音する必要がなくなります。

脳内音読をやめることで、読書速度が2倍以上に向上した例も多く報告されています。

ただし、完全に脳内音読をなくすのは難しいため、徐々に減らしていく姿勢が大切です。

継続的な練習を通じて、脳内音読に頼らない読書スタイルを身につけていきましょう。

ことり先生
脳内音読をやめるのは難しいけど、努力する価値は十分にあるよ!

速読は誰でもできる?

速読は特別な才能ではなく、適切な訓練を積めば誰でも習得可能なスキルです。

ただし、個人差はあり、上達の速さや最終的に到達できる読書速度には違いが生じます。

重要なのは、自分のペースで着実に練習を重ねることです。

速読の基本的なテクニックには、チャンキング法、スキミング、スキャニングなどがあります。

これらの技術は、練習を通じて誰でも身につけられます。

また、集中力や記憶力の向上も速読には欠かせません。

これらの能力も、適切なトレーニングで向上させることができます。

ただし、言語障害を抱えている方や、そもそもゆっくり読んでも理解できない方には速読の習得が困難な場合があります。

また、速読を習得しても、文学作品のような深い理解や味わいが必要な読書には適さない場合もあります。

速読の目的や、自分に合った読書スタイルを見極めることが大切です。

ことり先生
速読は特別な能力じゃないよ。コツコツ練習すれば、きっと上達できるはず!

速読はどれくらいで身につく?

速読はどれくらいで身につく?

速読の習得期間は個人差が大きいものの、一般的には30〜40時間程度のトレーニングで基本的なスキルを身につけられます。

ただし、瞬読のような高度な技術の場合、わずか2時間ほどのトレーニングで分速1〜2万文字の読書スピードを達成する人もいます。

継続的な練習が鍵となり、日々のトレーニングを積み重ねることで、徐々に速読力が向上していきます。

速読の上達度合いは、個人の適性や練習量、使用する速読法によって変わってきます。

例えば、SP式速読法では、受講生の99%が速度アップを実感し、多くの人が平均の5倍となる分速2,500文字程度まで到達可能です。

ただし、完全に習得するには数ヶ月から1年程度かかることもあります。

速読力の向上は段階的に進み、2,000文字/分で黙読の限界、3,000文字/分でキーワードの音声化が残る段階、6,000文字/分でほぼ音声化の癖がなくなる段階、10,000文字/分で左脳の論理的理解の限界に達します。

この過程で停滞期を経験することもありますが、諦めずに継続することが重要です。

ことり先生
速読は一朝一夕では身につかないけど、コツコツ続ければ必ず上達するよ!

速読は子どもでもできるの?

速読は子どもでも習得可能なスキルです。

実際、多くの速読スクールでは小学生からの受講を受け入れています。

子どもの柔軟な脳は新しい技術を吸収しやすく、速読の基本を早い段階で身につけられる可能性が高いです。

ただし、速読を始める前提として、文章をスラスラと音読できるレベルの読解力が必要です。

通常、小学校3年生頃から速読トレーニングを始めるのが適切とされています。

この時期には基本的な読解力が身についており、より高度な読書技術を学ぶ準備が整っているからです。

子どもの速読学習には、以下のようなメリットがあります。

  • 学習効率の向上
  • 集中力の強化
  • 記憶力の向上
  • 情報処理能力の発達

一方で、子どもの発達段階や個性に合わせたアプローチが重要です。

無理なく楽しみながら学べる環境を整えることが、速読スキル習得の鍵となります。

速読を学ぶ子どもたちは、将来的に学業やビジネスシーンで大きなアドバンテージを得られる可能性があります。

ただし、速読だけでなく、じっくりと味わう読書の楽しさも同時に教えることが大切です。

ことり先生
子どもの頃から速読を学べば、将来きっと役立つよ!でも、楽しく学ぶことが一番大切だね

速読脳トレのやり方は?

速読脳トレのやり方は?

速読脳トレの基本は、目の筋肉をストレッチして視野を広げる訓練から始まります。

その後、大量の文字を読まずに早く見ることを繰り返し行います。

この過程で脳に大量の情報を早く送り込むことで、脳が活性化され、処理能力が高まっていきます。

具体的なトレーニング方法には以下のようなものがあります。

  1. 文節読みトレーニング:脳を高速化して音読の癖を取り除く
  2. 高速単語再認トレーニング:脳の心内辞書の知識を瞬時に取り出す
  3. 高速単語イメージトレーニング:イメージを速く形成し、記憶力を向上させる
  4. リーディングスパンの測定と向上:読む視野を広げ、速く理解する力を養う
  5. ワーキングメモリーを鍛えるトレーニング:記憶力・読解力をアップさせる

これらのトレーニングを組み合わせることで、総合的な速読能力を向上させることができます。

また、フィンガーリーディングやチャンキング法など、具体的な読書テクニックを習得することも重要です。

速読脳トレは朝に行うのが効果的とされています。

朝は体と脳が活動を開始する時間帯で、集中力とエネルギーレベルが高まるため、脳の活性化と身体のエネルギーを高める脳トレに適しています。

ことり先生
速読脳トレは楽しみながら続けるのがコツだよ!毎日少しずつ頑張ろう!

速読をマスターするメリットは?

速読をマスターすると、情報処理能力が飛躍的に向上します。読書速度が2倍以上に上がるため、同じ時間でより多くの本を読むことが可能になります。

これにより、知識の吸収量が増え、学習効率が大幅に改善されるでしょう。

ビジネスの場面でも、速読は大きな武器となります。

大量の資料や報告書を短時間で把握できるため、意思決定のスピードが上がり、生産性が向上します。

また、速読は集中力と記憶力の強化にも繋がるため、読んだ内容の理解度と定着率も高まります。

学生にとっては、試験対策に非常に有効です。

教科書や参考書を素早く読み込めるだけでなく、試験中の長文問題にも余裕を持って取り組めるようになります。

さらに、速読のトレーニングを通じて、脳の認識能力が高まるため、総合的な学習能力の向上も期待できます。

日常生活においても、速読のスキルは役立ちます。新聞やウェブニュースを短時間で読み込めるため、効率的に情報収集ができます。

また、趣味の読書も量をこなせるようになり、より豊かな知識と教養を身につけることができるでしょう。

速読のメリットをまとめると・・・

  • 情報処理能力の向上
  • 学習効率の改善
  • ビジネスでの生産性向上
  • 集中力と記憶力の強化
  • 試験対策への効果
  • 総合的な学習能力の向上
  • 効率的な情報収集
  • 知識と教養の拡大
ことり先生
速読マスターで時間を有効活用!知識も増えて一石二鳥だね

速読のデメリットは?

速読のデメリットは?

速読には多くのメリットがある一方で、いくつかのデメリットも存在します。

まず、文学作品などの深い味わいが必要な読書には適さない場合があります。

速読では文章の細かいニュアンスや情緒的な表現を十分に味わうことが難しく、作品の本質を見逃してしまう可能性があります。

また、速読を習得するためには相応の時間と労力が必要です。

トレーニングには継続的な努力が求められ、人によっては習得に数ヶ月から1年程度かかることもあります。

この過程で挫折してしまう人も少なくありません。

速読の技術を過信すると、重要な情報を見落としてしまうリスクもあります。

特に専門的な文書や契約書などを読む際には、細部まで注意深く読む必要があるため、速読が適さない場面もあります。

さらに、速読を習得しても、その能力を維持するためには定期的な練習が必要です。

練習を怠ると、せっかく身につけた能力が低下してしまう可能性があります。

最後に、速読の習得に伴い、目の疲労が増加する可能性があります。

特に初期のトレーニング段階では、目の筋肉に負担がかかるため、眼精疲労を引き起こす可能性があります。

ただし、これは適切なトレーニングと休息を取ることで軽減できます。

速読のデメリットをまとめると・・・

  • 文学作品の深い理解が難しい
  • 習得に時間と労力が必要
  • 重要な情報を見落とすリスク
  • 定期的な練習が必要
  • 目の疲労の可能性
ことり先生
速読にも向き不向きがあるから、自分に合った使い方を見つけよう!

速読法を無料体験してまずは読書速度を2倍に!

SP速読学院の無料体験レッスンは、速読力向上を目指す方にとって絶好の機会です。

わずか1時間程度の体験で、読書速度が2倍以上に向上することも珍しくありません。

このレッスンでは、脳内音読の癖を取り除く訓練や、視野を広げるエクササイズなど、基本的な速読テクニックを学べます。

体験レッスンの内容は以下の通りです。

  1. カウンセリング
  2. 読書速度計測(レッスン前後)
  3. 文節読みトレーニング
  4. 高速単語再認トレーニング
  5. 高速単語イメージトレーニング
  6. リーディングスパンの測定と向上
  7. 記憶力・読解力を高めるトレーニング
  8. 質問タイム

これらのトレーニングを通じて、読書効率が大幅に改善されるでしょう。

また、速読の効果を実感することで、本格的なトレーニングへのモチベーションも高まります。

SP速読学院の特徴として、プライベートレッスンによるきめ細やかな指導や、科学的根拠に基づいたトレーニング方法が挙げられます。

さらに、27年の実績と30,000人以上の受講者を持つ信頼性も魅力の一つです。

無料体験を通じて、自分に合った速読法を見つけることも重要です。

各スクールによって指導方法や特色が異なるため、体験レッスンは自分に適した学習環境を選ぶ良い機会となります。

ことり先生
無料体験で速読の効果を実感しよう!きっと新しい世界が広がるはず!

速読力の鍛え方に関するFAQ

速読力を鍛えるのにどれくらいの時間がかかりますか?

一般的な目を速く動かすタイプの速読法なら、平均で30〜40時間の練習が必要です。

ただし、SP式速読法など特定の方法では、より短期間で効果が現れる場合もあります。

速読は理解度を犠牲にしませんか?

適切な速読技術を用いれば、読む速度を上げつつも高い理解度を維持することが可能です。

SP式速読法では、理解度を保ったまま読書速度を向上させることができます。

速読力を鍛えるための基本的なトレーニング方法はありますか?

はい、あります。

例えば、フィンガーリーディング(指で文字をなぞりながら読む方法)や、チャンキング(文章を小さなブロックに分けて読む方法)などがあります。

また、目の筋肉を鍛える視野拡大トレーニングも効果的です。

速読は年齢に関係なく習得できますか?

はい、年齢に関係なく習得できます。

ただし、文章をスムーズに読めることが前提条件です。

子どもの場合、楽しみながら学べるため、早い段階から始めると効果的です。

速読力を鍛えることで、他にどんな能力が向上しますか?

速読力を鍛えることで、集中力、記憶力、理解力が向上します。

また、情報処理能力も高まるため、学習効率の向上や仕事の生産性アップにもつながります。

【まとめ】速読力の鍛え方と効果的トレーニング法

まとめ

記事のポイントをまとめてみます。

記事のポイントまとめ
  • 速読は情報処理能力を大幅に向上させる
  • 日本人の読解力低下が問題視されている
  • 一般的な読書速度は1分間に約600文字
  • 東大生の多くは高い読書速度を持つ
  • 脳内音読をやめることで読書速度が向上する
  • 速読は適切な訓練で誰でも習得可能
  • 30〜40時間のトレーニングで基本スキルを習得
  • 子どもでも速読を学ぶことができる
  • 速読脳トレは目の筋肉と脳の処理能力を鍛える
  • 速読マスターで学習効率と生産性が向上
  • 文学作品には速読が適さない場合もある
  • 速読習得には継続的な練習が必要
  • SP速読学院の無料体験で2倍以上の速度向上も
  • 速読は集中力と記憶力の強化にも繋がる
  • 適切な速読法で理解度を維持しながら速度向上

速読力を身につけることで、学習効率や仕事の生産性が大幅に向上することがおわかりいただけたかと思います。

さらに詳しく知りたい方、実際に体験してみたい方は、SP速読学院の無料体験レッスンがおすすめです。

プロの指導で、あなたの潜在能力を引き出し、新たな可能性を開くきっかけになるでしょう。

ぜひ一度、お気軽にお申し込みください。

みうら

最期まで読んでいただきありがとうございます❗

この記事を書いた人

みうら

資格ブログ」運営者

会社員。兼ブロガー

資格に関する知識を蓄積し共有しています

記事を参考に豊かな生活を送ってもらえたら幸いです

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事を流し読み