MENU

【不登校】動き出す兆しを見逃さないための親のサポートとは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
【不登校】動き出す兆しを見逃さないための親のサポートとは?

「最近、子どもが少し変わった気がするけれど、これは回復に向かっている兆候なのだろうか…?」

不登校のお子様を持つ親御様であれば、誰でもそう願うでしょう。

今まで見られなかった行動や言動に、一筋縄ではいかない不登校からの回復の兆しを感じ取ることは、容易ではありません。

不登校 動き出す兆し」と検索しているあなたは、きっとお子様の小さな変化に希望を見出そうと、必死に情報を求めているのではないでしょうか。

この記事では、不登校から回復へと向かうお子様に現れやすい変化や行動パターン、そして、親御様としてどのように寄り添い、サポートしていくべきかを具体的に解説していきます。

どうか、一人で抱え込まず、この記事が、お子様と明るい未来を共に歩むための一助となれば幸いです。

この記事を読んでわかること
  • 不登校回復期に見られる行動の変化
  • 不登校回復期における親の適切な対応
  • 不登校回復までの道のりと心構え
  • 不登校に関する知識や支援体制の理解

\ 検索窓で「不登校」と入力しよう /

この記事を流し読み

不登校から動き出す兆しは?子どもの変化を見逃さないために

このセクションをざっと見る
  • 不登校が急増した理由は?
  • どんな子が不登校になりやすい?
  • 不登校の原因1位は何ですか?
  • 不登校の前触れは?
  • 不登校になりやすい親の共通点がある
  • 不登校回復のきっかけ

不登校が急増した理由は?

不登校が急増した理由は?

近年、子どもたちの間で不登校が増加傾向にあることが問題になっています。

文部科学省の調査によると、過去10年間で小学生・中学生の不登校児童生徒数は約12万人から約29.9万人と大幅に増加しています。

その背景には、いじめや学業の遅れといった従来からの問題に加え、新型コロナウイルス感染症の流行も大きく影響しています。

休校期間中の生活リズムの乱れや、感染への不安、学校行事の中止などによる学校生活への適応が難しくなったことなどが原因として考えられます。

不登校は、もはや一部の子どもだけの問題ではなく、社会全体で解決していくべき課題と言えるでしょう。

ことり先生
コロナの影響は大きかったよね…

どんな子が不登校になりやすい?

不登校になる子は、特定の性格や環境に当てはまるわけではありません。

しかし、比較的、不登校になりやすいと考えられる傾向はあります。

例えば

  • 周囲に気を遣いすぎる性格
  • 完璧主義な性格
  • 自己肯定感が低い
  • 自己表現が苦手

といった特徴を持つ子どもは、学校生活でのストレスをため込みやすく、不登校に繋がってしまうことがあります。

また、家庭環境においても、

  • 親が過干渉である
  • 親が過保護である

といったケースでは、子どもが自立しにくく、学校という集団生活に適応するのが難しい場合があります。

ことり先生
いろんな原因が考えられるからこそ、子どもと向き合うことが大切だよ

不登校の原因1位は何ですか?

不登校の原因1位は何ですか?

不登校になる原因は子どもによって様々ですが、実は「いじめ」が最も多い原因だとされています。

ツナグバという不登校に関する情報提供メディアが行ったアンケート調査によると、不登校を経験した296人のうち、最も多かった理由は「いじめ」だったという結果が出ています。

いじめは、子どもの心身に深い傷を負わせるだけでなく、学校生活そのものを恐怖で塗り替えてしまう可能性があります。

不登校は、子どもからのSOSのサインかもしれません

いじめを発見し、未然に防ぐためにも、周囲の大人たちが注意深く子どもの様子を見守っていくことが重要です。

ことり先生
いじめは絶対に許されないよ!

不登校の前触れは?

子どもが不登校になる場合、多くの場合、前兆となるサインがあります。

例えば

  • 登校前の行き渋りが増える
  • 部活や習い事を休みがちになる
  • 家で勉強や宿題をしなくなる
  • 先生や友達に対するネガティブな発言が増える

親は「うちの子、最近何か変だな?」と感じるような、変化に気づくことが大切です

これらのサインを見逃さず、早期に子どもと向き合い、適切な対応をすることが、不登校を予防し、子どもの心の健康を守る上で非常に重要となります。

ことり先生
子どもの変化にいち早く気づいてあげてね

不登校になりやすい親の共通点がある

不登校になりやすい親の共通点がある

「うちの子どもは大丈夫」そう思っていても、親の言動が子どもの不登校を招いてしまうことがあります。

不登校になりやすい親の特徴として、

  • 過干渉
  • 過保護
  • 心配性
  • 管理的
  • 感情的な非難が多い

といった点が挙げられます。

これらの共通点は、子どもの自立を阻害し、自己肯定感を育みにくい環境を作ってしまう可能性があります。

子どもが自分で考え、行動する力を育むためには、親は適切な距離を保ち、温かく見守る姿勢が大切です。

ことり先生
ついつい口出ししたくなっちゃうけど…気をつけなきゃね!

不登校回復のきっかけ

不登校からの回復は、一筋縄ではいかない道のりです。

しかし、子どもたち一人ひとりの状況や悩みに寄り添い、適切なサポートを行うことで、回復への糸口が見えてきます。

回復のきっかけは、子どもによって様々ですが、

  • 家族からの愛情を自覚すること
  • 学力が向上すること
  • 趣味など何らかの分野で自信を獲得すること
  • 疾患や障害を改善すること

などが考えられます。

子どもの変化を見逃さず、小さな「できた!」という経験を積み重ねられるようサポートしていくことが重要です。

ことり先生
焦らずに見守ることが大切だよ

\ 不登校・ひきこもり支援の資格を/

不登校から動き出す兆し:回復期の特徴と親の対応

このセクションをざっと見る
  • 不登校から回復へと向かう兆候
  • 不登校からの回復期はよく寝る
  • 回復期までの期間が長いことも
  • 回復期から逆戻りの可能性も
  • エネルギーの回復段階と期間
  • 再び学校に行くきっかけ
  • 不登校を乗り越えるための知識を学ぶ
  • 不登校から動き出す兆しに関するFAQ
  • 【まとめ】不登校から回復へ!動き出す兆しを見逃さないための親のサポートとは?

不登校から回復へと向かう兆候

不登校から回復へと向かう兆候

長いトンネルを抜けていくように、不登校の状態から少しずつ回復へ向かう兆候は、様々な形であらわれます。

心身のエネルギーが回復してくるにつれて、

  • 周囲の人との会話が増える
  • 学校や進路について考え始める
  • 外出する機会が増える
  • 趣味や興味のあることに意欲を見せる

など、行動面に変化が見られることがあります。

これらのサインを見逃さず、子どものペースに合わせて、焦らず寄り添っていくことが大切です。

ことり先生
小さな変化を見逃さないで!

不登校からの回復期はよく寝る

不登校の回復期には、子どもは多くのエネルギーを必要とします。

心身の疲労を回復するために、睡眠時間が長くなることは、自然な反応と言えるでしょう。

睡眠は、心身の疲労回復に欠かせないだけでなく、心の安定や成長ホルモンの分泌など、子どもにとって重要な役割を果たしています。

焦らずゆっくりと休養させてあげましょう。

ことり先生
睡眠は回復のサイン!

回復期までの期間が長いことも

回復期までの期間が長いことも

不登校の回復には、個人差があります。

数週間で学校に復帰できる子もいれば、数ヶ月、数年かかる子もいます。

回復期に入ったと思っても、なかなかスムーズに進まず、長く感じることもあるかもしれません。

焦りは禁物です。

周りの大人は、子どものペースを尊重し、じっくりと見守ることが大切です。

ことり先生
焦らず、子どものペースに合わせてあげてね

回復期から逆戻りの可能性も

せっかく回復の兆しが見え始めても、環境や状況の変化によって、不登校の状態に戻ってしまうことがあります。

例えば

  • 新しい環境への不安
  • 人間関係のトラブル
  • 過度なプレッシャー

などがきっかけで、再び学校に行きづらくなることがあります。

逆戻りは決して恥ずべきことではありません

再び子どもと向き合い、原因を探り、適切なサポートをしていくことが重要です。

ことり先生
逆戻りしても大丈夫! また一歩ずつ進んでいこう

エネルギーの回復段階と期間

エネルギーの回復段階と期間

不登校の状態から回復するまでの道のりは、一様ではありません。

子どもの心身のエネルギーの状態によって、大きく3つの段階に分けられます。

スクロールできます
段階特徴対応
不安定期体調不良や情緒不安定、強い不安や焦りが見られる無理に登校させず、安心できる環境で休養させる
膠着期気持ちが落ち着き、学校や将来について考え始める子どものペースに合わせて、できることから取り組む
停滞期無気力になったり、自分を責める気持ちが出てくる専門家のサポートが必要となる場合も

回復までの期間は、子どもによって異なり、明確な基準はありません

焦らず、子どものペースに合わせて、寄り添っていくことが大切です。

ことり先生
表にまとめるとわかりやすいね!

再び学校に行くきっかけ

不登校の状態から、再び学校へ行くきっかけは、子どもによって様々です。

例えば、「学校に行かないと将来が不安」「好きな授業だけ受けたい」「友達に会いたい」など、些細なきっかけで、子どもの気持ちは前向きに変化することがあります。

大切なのは、子ども自身が「学校に行ってみようかな」と思えるような環境を整え、背中を押してあげることです。

焦らず、子どもの気持ちに寄り添いながら、一歩ずつ進んでいきましょう。

ことり先生
小さなきっかけを見逃さないようにね!

不登校を乗り越えるための知識を学ぶ

不登校を乗り越えるための知識を学ぶ

不登校は、子ども自身はもちろんのこと、家族にとっても大きな試練です。

しかし、諦めずに、子どもと向き合い続けることで、道は必ず開けていきます。

ユーキャンが提供する「不登校・ひきこもり支援アドバイザー講座」では、不登校の現状や原因、子どもとの接し方、家庭でできるサポートなどを学ぶことができます。

この講座の特徴は、

  • 動画教材とテキストでわかりやすく学べる
  • 豊富な事例を通して実践的な知識が身につく
  • 在宅受験で資格取得が可能
  • 質問サポートで疑問を解決できる

など、初めて学ぶ方でも安心して取り組める内容となっています。

不登校に悩んでいる方、子どものサポートに役立つ知識を身につけたい方は、ぜひ講座の受講を検討してみてください。

ことり先生
ユーキャンの講座で、不登校について詳しくなろう!

\ 不登校・ひきこもり支援の資格を/

不登校から動き出す兆しに関するFAQ

うちの子、最近学校に行ったり行かなかったりで…これって回復の兆し?

学校に行ったり行かなかったりする状態は、不登校からの回復過程でよく見られる「不登校開始期」の可能性があります。

* 行ったり行かなかったりを繰り返しながら、徐々に学校に慣れていく
* 体調や気分によって、登校できる日とできない日が分かれる

この時期は、無理に登校を促すのではなく、子どものペースに合わせて、安心できる環境で過ごせるようにサポートすることが大切です。
不登校の回復期って、どのくらいの期間続くの?

回復にかかる期間は、子どもによって異なり、数週間で学校に復帰できる子もいれば、数ヶ月、数年かかる子もいます。

個人差が大きく、明確な基準はありません。
回復に向かっていると思っていたのに、また学校に行かなくなってしまった… どうすればいい?

回復の過程で、環境や状況の変化がきっかけで、一時的に不登校の状態に戻ってしまうことは珍しくありません。

これを「不登校回復期 逆戻り」と言います。

再び子どもと向き合い、原因を探り、適切なサポートをしていくことが重要です。
不登校の子どもが、学校へ行くきっかけって何ですか?

子どもによって様々ですが、

* 「学校に行かないと将来が不安」
* 「好きな授業だけ受けたい」
* 「友達に会いたい」

など、些細なことがきっかけで、子どもの気持ちは前向きに変化することがあります。
親として、不登校の子どもにどう接すればいいか分からない…

まずは、子どもの話をじっくりと聞いてあげることが大切です。

その上で、子どもの気持ちに寄り添いながら、焦らず、ゆっくりと、親子で一緒に乗り越えていけるように、コミュニケーションを取ることが大切です。

「ユーキャン」の「不登校・ひきこもり支援アドバイザー講座」では、不登校の子どもへの接し方などについて、より詳しく学ぶことができます。
一人で悩まず、専門家の力を借りることも検討してみて下さい。

【まとめ】不登校から回復へ!動き出す兆しを見逃さないための親のサポートとは?

まとめ

記事のポイントをまとめてみます。

記事のポイントまとめ
  • 不登校から回復に向かう過程には、様々な兆候がある
  • 周囲との会話が増えたり、外出する機会が増えるなど、行動面に変化が見られる
  • 回復期には多くのエネルギーを必要とするため、睡眠時間が長くなる
  • 回復までの期間は個人差があり、数週間で学校に復帰できる場合もあれば、数年かかる場合もある
  • 環境や状況の変化によって、回復期から不登校の状態に戻ってしまうこともある
  • 子どもの心身のエネルギーの状態によって、回復までの過程は大きく3段階に分けられる
  • 再び学校へ行くきっかけは、「学校に行かないと将来が不安」「友達に会いたい」など様々
  • 不登校の回復期には、焦らず子どものペースに合わせて見守ることが重要
  • 親は子どもに対して、過干渉や過保護、感情的な非難を避ける必要がある
  • 子どもの変化にいち早く気づき、適切な対応をすることが大切
  • 不登校の前兆として、登校前の行き渋りが増えたり、親や友人にネガティブな発言が増えるなどがある
  • 不登校の原因は子どもによって様々だが、「いじめ」が最も多いとされている
  • 周囲の大人たちは、いじめを発見し、未然に防ぐために注意深く子どもの様子を見守る必要がある
  • 不登校は子どもからのSOSのサインである可能性がある
  • 新型コロナウイルス感染症の流行も、不登校増加の原因の一つ

不登校のお子様を持つ親御様にとって、回復の兆しを見つけることは、希望の光となるでしょう。

しかし、回復までの道のりは、決して平坦ではありません。

お子様一人ひとりのペースに寄り添いながら、焦らずに見守っていくことが大切です。

ユーキャン「不登校・ひきこもり支援アドバイザー講座」では、不登校の現状や原因、子どもとの接し方、家庭でできるサポートなどを学ぶことができます。

お子様の明るい未来のために、そして、ご自身が安心してサポートできるよう、ぜひ講座で専門的な知識を身につけてみませんか。

\ 検索窓で「不登校」と入力しよう /

みうら

最期まで読んでいただきありがとうございます❗

この記事を書いた人

みうら

資格ブログ」運営者

会社員。兼ブロガー

資格に関する知識を蓄積し共有しています

記事を参考に豊かな生活を送ってもらえたら幸いです

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事を流し読み