MENU

保育士試験に一発合格するのはすごい!15,072名の合格者が証明

当ページのリンクには広告が含まれています。
保育士試験に一発合格するのはすごい!15,072名の合格者が証明

保育士は子どもの成長を近くで見守れる、やりがいのある国家資格です。

でも、その資格を得るための保育士試験は難易度が高く、一発合格の確率はわずか5%ほど。

平均では1~2年かけて合格するのが現状です。

なぜ保育士国家試験の合格率はこんなにも低いのでしょうか?

その理由は、筆記試験の科目の多さや、筆記と実技の両方の試験に合格する必要があることなどが挙げられます。

でも、だからといって諦める必要はありません。

保育士の試験に一発合格したいと願うなら、正しい勉強法と適切なサポートが重要です。

この記事では、保育士試験の難易度やその理由、そして一発合格するための秘訣を15,072名の合格者の実績から探ります。

保育士を目指す方必見の内容です!

この記事を読んでわかること
  • 保育士試験の筆記と実技の出題形式と合格基準
  • 保育士試験と看護師国家試験の難易度の違い
  • 保育士試験の前期と後期の違いと受験のタイミング
  • 独学での一発合格の難しさとそれを克服する方法
この記事を流し読み

保育士試験に一発合格するのはすごい!合格への秘訣とは?

このセクションをざっと見る
  • 保育士の魅力は子どもの成長を近くで見守れること
  • 保育士は国家資格!難易度が高い試験に合格が必要
  • 試験の一発合格確率は5%ほど
  • 試験の平均合格年数は1〜2年
  • 試験に一発合格した人の勉強法とは?
  • 前期と後期、試験の難易度を比較!
  • 保育士と看護師、どちらの試験が難しい?
  • 保育士の合格率が低い理由を解説
  • 試験の実技、ピアノは何曲弾く必要がある?
  • ピアノが弾けなくても保育士になれる?

保育士の魅力は子どもの成長を近くで見守れること

保育士の魅力は子どもの成長を近くで見守れること

保育士の魅力は、子どもたちの成長を間近で見守れることです。

入園してきた頃はまだヨチヨチ歩きだった子どもたちが、保育士のサポートを受けながらすくすくと育ち、やがて卒園していく姿を見届けられるのは、保育士ならではのやりがい。

子どもが好きな方にとっては、まさに天職と言えるでしょう。

  • 子どもの成長を見守れる
  • 子どもが好きな人には天職
  • 子どもとの触れ合いが魅力
ことり先生
保育士は子どもの成長を感じられる素敵な仕事だね!

保育士は国家資格!難易度が高い試験に合格が必要

保育士になるためには、国家資格の取得が必要不可欠。

保育士資格を取得するには、指定の養成校を卒業するか、保育士試験に合格する必要があります

保育士試験は筆記試験と実技試験の2つに分かれており、筆記試験は9科目、実技試験は「音楽」「造形」「言語」の3分野から2分野を選択して受験します。

合格率は20%前後と難易度が高いことで知られています。

  • 保育士は国家資格
  • 養成校卒業か試験合格が必要
  • 筆記9科目、実技2分野を受験
  • 合格率は20%前後と難易度高め
ことり先生
保育士の資格を取るには、しっかり勉強して試験に臨む必要があるんだね。

試験の一発合格確率は5%ほど

試験の一発合格確率は5%ほど

保育士試験は筆記試験と実技試験の両方に合格する必要があるため、一発合格するのは容易ではありません。

厚生労働省の資料によると、保育士試験の合格者のうち、初めて受験して合格する割合は全体の5%ほど。

つまり、95%の人は複数回の受験を経て合格しているのが実情なのです。

  • 一発合格率はわずか5%
  • 筆記と実技の両方に合格が必要
  • 95%の人は複数回受験して合格
ことり先生
保育士試験に一発合格するのは、かなり大変そうだね。

試験の平均合格年数は1〜2年

保育士試験の合格までにかかる期間は、人それぞれ異なります。

しかし、多くの人は1〜2年ほどで合格しているようです。

保育士試験には、一度合格した科目については3年間免除される救済制度があるため、この制度を活用して数年かけて合格を目指す人も少なくありません。

  • 平均合格年数は1〜2年
  • 人によって合格までの期間は異なる
  • 一度合格した科目は3年間有効
  • 数年かけて合格を目指す人も
ことり先生
合格するまでに時間はかかるけど、あきらめずに頑張ることが大切だね。

試験に一発合格した人の勉強法とは?

試験に一発合格した人の勉強法とは?

保育士試験に一発合格するには、計画的な学習と効率的な勉強法が不可欠です。

合格者の多くは、1日1時間程度の学習を3〜6ヶ月続けることで合格を勝ち取っています。

勉強法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • テキストや問題集は最新のものを使う
  • 苦手科目を重点的に学習する
  • 隙間時間を有効活用する
  • わからないことはそのままにしない

自分に合ったペースで、コツコツと勉強を積み重ねることが大切です。

ことり先生
一発合格のためには、勉強を計画的に進めることが大事なんだね。

前期と後期、試験の難易度を比較!

保育士試験は年2回、前期と後期に分けて実施されています。

気になるのは、前期と後期でどちらが難易度が高いのかという点ですよね。

過去の合格率を見ると、前期の合格率が低い年は、後期の合格率が少し高くなる傾向があるようです。

例えば、平成29年度は前期の合格率が18.9%だったのに対し、後期は24.2%と上昇しています。

ただし、試験問題の難易度は年によって変動するため、一概に前期や後期が難しいとは言えません。

自分に合ったタイミングで受験するのがベストでしょう。

  • 年2回、前期と後期に実施
  • 前期合格率が低い年は後期が高くなる傾向
  • 年によって難易度は変動する
  • 自分に合ったタイミングで受験するのが◎
ことり先生
前期と後期、自分に合ったタイミングで受けるのが一番だね。

保育士と看護師、どちらの試験が難しい?

保育士と看護師、どちらの試験が難しい?

保育士と看護師は、どちらも専門性の高い国家資格です。

試験の難易度を比べてみると、一般的に保育士試験の方が看護師試験よりも難しいとされています。

令和4年度の合格率を見ると、保育士試験が29.9%なのに対し、看護師試験は90.8%と大きな差があります。

保育士試験の合格率の低さは、試験科目の多さや広範囲な出題範囲が影響していると考えられます。

一方、看護師試験は医学的な知識が問われるため、勉強量は多いものの、出題範囲が明確で対策がしやすいというメリットがあります。

  • 保育士試験の方が看護師試験より難しい
  • 保育士試験の合格率は29.9%、看護師試験は90.8%
  • 保育士試験は科目が多く出題範囲が広い
  • 看護師試験は勉強量が多いが対策がしやすい
ことり先生
保育士試験は看護師試験に比べてかなり難しいんだね。

保育士の合格率が低い理由を解説

保育士国家試験の合格率が20%前後と低いのはなぜでしょうか?

その理由として、以下のような点が挙げられます。

  • 筆記・実技両方の試験に合格する必要がある
  • 筆記試験の科目数が9科目と多い
  • 試験範囲が広く、幅広い分野の学習が求められる
  • すべての科目で6割以上の得点が必要

保育士は子どもの命を預かる責任の重い仕事です

子どもの健全な育成を支える役割を担うため、保育士になるには子どもに関する深い理解と知識、技術が求められます。

つまり、保育士試験の難易度の高さは、保育士という仕事の重要性と専門性の高さを反映しているのです。

ことり先生
子どもを預かる大切な仕事だから、試験も難しいんだね。

試験の実技、ピアノは何曲弾く必要がある?

試験の実技、ピアノは何曲弾く必要がある?

保育士試験の実技試験では、「音楽表現に関する技術」として、ピアノ演奏が課されます。

受験者は、課題曲2曲を弾き歌いする必要があります。

課題曲は毎年変更されますが、令和6年(2024年)の課題曲は以下の2曲です。

  • 夕焼け小焼け
  • いるかはザンブラコ

これらの曲を、子どもに歌って聞かせることを想定して、ピアノ伴奏をしながら歌います

保育士に求められる音楽表現力が試されるわけですね。

  • 実技試験でピアノ演奏が課される
  • 課題曲2曲を弾き歌いする
  • 令和6年度の課題曲は「夕焼け小焼け」と「いるかはザンブラコ」
  • 子どもに歌って聞かせるように演奏する
ことり先生
ピアノ演奏は保育士にとって大切な技術なんだね。

ピアノが弾けなくても保育士になれる?

ピアノが弾けないと保育士になれないのでは?」と不安に思う方もいるかもしれません。

しかし、結論から言うと、ピアノが弾けなくても保育士になることは可能です。

保育士資格を取得するためには、保育士養成校を卒業するか、保育士試験に合格する必要があります。

ピアノ演奏が試されるのは、保育士試験の実技試験のみ。

つまり、養成校ルートであればピアノが弾けなくても資格は取得できるのです。

ただし、保育現場ではピアノ伴奏をする機会が多いため、ピアノ演奏のスキルを身につけておくことをおすすめします。

  • ピアノが弾けなくても保育士になれる
  • 養成校ルートならピアノ演奏は不要
  • 保育士試験の実技試験でピアノ演奏が課される
  • 保育現場ではピアノ演奏の機会が多い
ことり先生
ピアノが弾けなくても大丈夫!でも、できるようになっておくと良いね。

保育士試験に一発合格するのはすごいこと!万全を期すには

このセクションをざっと見る
  • 試験日程、年2回の受験チャンス!
  • 一度取得した保育士資格の有効期間は一生涯
  • 独学で合格するには約3〜6ヶ月の勉強期間が必要
  • 独学で一発合格するための勉強法
  • 一発合格を目指すなら、この講座がおすすめ
  • この保育士講座なら初学者でも安心して学習できる
  • 保育士講座の受講生の口コミから見る満足度の高さ
  • 保育士試験に一発合格はすごいの?に関するFAQ
  • 【まとめ】保育士試験に一発合格するのはすごい!

試験日程、年2回の受験チャンス!

試験日程、年2回の受験チャンス!

保育士国家試験は、年に2回実施されています。

試験日程は以下の通りです。

前期試験

  • 筆記試験:4月下旬(令和6年度は4月20日・21日)
  • 実技試験:7月上旬(令和6年度は6月30日)

後期試験

  • 筆記試験:10月下旬(令和6年度は10月19日・20日)
  • 実技試験:12月上旬(令和6年度は12月8日)

年2回の試験があるため、受験のチャンスが広がります。

前期試験で不合格でも、後期試験で再挑戦できるのは嬉しいポイントですね。

  • 保育士国家試験は年2回実施
  • 前期は4月と7月、後期は10月と12月
  • 年2回受験チャンスがある
  • 不合格でも再挑戦できる
ことり先生
年に2回試験があるから、チャンスを掴もう!

一度取得した保育士資格の有効期間は一生涯

保育士資格は、一度取得すれば一生涯有効となります。

つまり、資格の更新は不要で、生涯にわたって保育士として働くことができるのです。

ただし、保育士として働くためには、保育士登録を行う必要があります

保育士登録をするには、所定の手続きを行い、保育士証の交付を受けます。

保育士証が交付されて初めて、正式に保育士として働けるようになるのです。

  • 保育士資格に有効期限はない
  • 一度取得すれば一生涯有効
  • 資格の更新は不要
  • 保育士として働くには保育士登録が必要
  • 保育士証の交付を受けて正式な保育士に
ことり先生
一生使える資格っていいね!でも登録は忘れずにしないとね。

独学で合格するには約3〜6ヶ月の勉強期間が必要

独学で合格するには約3〜6ヶ月の勉強期間が必要

保育士試験に独学で合格するためには、十分な勉強時間を確保することが大切です。

一般的に、保育士試験合格に必要な勉強時間は100〜180時間とされています。

仮に1日1時間勉強したとすると、100時間÷1時間=100日、つまり約3ヶ月かかる計算になります。

余裕を持って学習を進めるなら、6ヶ月ほどの期間を見ておくと良いでしょう

保育士試験は年2回実施されるため、試験日から逆算して勉強開始時期を決めるのがおすすめです。

計画的に学習を進めることが合格への近道となります。

  • 保育士試験合格には100〜180時間の学習が必要
  • 1日1時間の勉強なら3〜6ヶ月の期間が目安
  • 試験日から逆算して勉強開始時期を決める
  • 計画的な学習が合格への近道
ことり先生
しっかり計画を立てて、コツコツ勉強を進めるのが大事だね。

独学で一発合格するための勉強法

独学で保育士試験に一発合格するには、効率的な勉強法が不可欠です。

まず大切なのは、学習計画を立てることです。

試験日から逆算して、どのペースで学習を進めるのか決めましょう

勉強法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 最新の教材を使う
  • 苦手科目から先に手をつける
  • 過去問を解いて出題傾向をつかむ
  • 隙間時間を活用する
  • わからないことは後回しにせず調べる

独学で合格するには強い意志と工夫が必要です。

自分に合った学習法を見つけて、モチベーションを保ちながら勉強を続けることが大切ですよ。

  • 学習計画を立てることが大切
  • 最新の教材を使って効率的に学ぶ
  • 苦手科目を重点的に勉強する
  • 過去問で出題傾向をつかむ
  • わからないことはすぐに調べる
ことり先生
自分に合った勉強法を見つけるのがポイントだね!

一発合格を目指すなら、この講座がおすすめ

一発合格を目指すなら、この講座がおすすめ

保育士試験の一発合格を目指すなら、ユーキャンの保育士講座がおすすめです。

ユーキャンの保育士講座は、過去10年間で15,072名もの合格者を輩出してきた実績があります。

また、6割以上の方が仕事をしながら学習しているそうです。

つまり、ユーキャンの教材は忙しい社会人でも無理なく学習を進められるよう工夫されているのです。

ユーキャンでは合格ノウハウが詰まった教材や、全10回の添削課題など、手厚いサポートも魅力。

独学では不安という方も、ユーキャンなら安心して合格を目指せるでしょう。

  • 過去10年で15,072名が合格
  • 受講生の89.6%が初学者
  • 6割以上が仕事をしながら学習
  • 合格ノウハウが詰まった教材と添削課題
  • 手厚いサポートで安心して学習できる
ことり先生
ユーキャンなら、一発合格も夢じゃないね!

この保育士講座なら初学者でも安心して学習できる

ユーキャンの保育士講座の受講生の89.6%は、保育士試験の学習経験がない初学者の方々です。

つまり、ユーキャンの教材は初学者でも無理なく学習を進められるようにデザインされているのです。

例えば、メインテキストは初学者でも最後まで挫折せずに読み進められるよう、わかりやすい言葉で丁寧に解説されています。

また、保育士の現場で役立つ知識を幅広く学べる副教材も充実。

さらに、学習を継続するためのフォローとして、質問サービスや添削課題の返却時に担当講師からのアドバイスがあるのも心強いポイントです。

  • 受講生の89.6%が初学者
  • 初学者向けにデザインされた教材
  • メインテキストはわかりやすい言葉で解説
  • 現場で役立つ知識が学べる副教材も充実
  • 質問サービスや添削課題で手厚くサポート
ことり先生
初めての人でも安心して始められるのは嬉しいね!

保育士講座の受講生の口コミから見る満足度の高さ

保育士講座の受講生の口コミから見る満足度の高さ

ユーキャンの保育士講座を受講された方の口コミを見ると、その満足度の高さがうかがえます。

実際の受講生の声を見てみましょう。

ユーキャンの教材を信じて、隅々まで頭に入れるようにしておけば合格できると思います。

ユーキャンだったから合格できたと思います。

子育ての経験を生かしつつ、講座で学んだことを仕事に活かせています。

仕事や育児で忙しい中でも、無理なく学習を進められました。

一発合格できたことが自信につながりました。ユーキャンには感謝しています。

受講生からは、教材への信頼や、合格できた喜びの声が多数寄せられています。

また、子育てや仕事との両立という点でも、ユーキャンの教材がサポートになったようですね。

中には一発合格を果たした方もいるとのこと。

合格だけでなく、自信の獲得にもつながっているようです。

  • 教材やサポートへの満足度が高い
  • 合格に導いてくれたとの声が多数
  • 子育てや仕事との両立も可能
  • 一発合格による自信の獲得も
  • 就職・転職に役立ったと実感

ユーキャンの保育士講座は、合格だけでなく、その先の保育士人生までも見据えた内容になっているのですね。

ことり先生
みんな満足してるって、ユーキャンの講座は信頼できるね!

\ 15,072名の合格実績を誇る講座 /

保育士試験に一発合格はすごいの?に関するFAQ

保育士試験に一発合格するのは難しいですか?

保育士試験の一発合格率は5%ほどと言われており、筆記試験と実技試験の両方に一度で合格するのは簡単ではありません。

しかし、計画的な学習と効率的な勉強法を実践することで、一発合格も可能です。

保育士試験の一発合格のために必要な勉強期間は?

保育士試験に独学で一発合格するためには、約100~180時間の学習時間が必要とされています。

1日1時間の勉強を継続すれば、3~6ヶ月程度で合格に必要な知識を身につけることができるでしょう。

保育士試験に一発合格するための効果的な勉強法は?

保育士試験に一発合格するためには、最新の教材を使って効率的に学習し、苦手科目を重点的に対策することが大切です。

また、過去問題を解いて出題傾向をつかんだり、わからないことはすぐに調べたりするのも有効な勉強法です。

保育士試験に一発合格するための通信講座はありますか?

ユーキャンの保育士講座は、保育士試験の一発合格を目指す人におすすめです。

過去10年間で15,072名もの合格実績を持ち、初学者でも無理なく学習できるようにデザインされた教材と手厚いサポートが特徴です。

ユーキャンの保育士講座の評判はどうですか?

ユーキャンの保育士講座の受講生からは、教材やサポートへの高い満足度と、合格に導いてくれたとの声が多数寄せられています。

講座で学んだことが実際の子育てや就職・転職に役立ったという口コミも見られ、合格後の保育士人生までを見据えた内容になっています。

【まとめ】保育士試験に一発合格するのはすごい!

まとめ

記事のポイントをまとめてみます。

記事のポイントまとめ
  • 保育士試験の一発合格率は約5%と非常に低い
  • 保育士試験に一発合格するためには100~180時間の学習が必要である
  • 一発合格のためには最新の教材を使った効率的な学習が不可欠だ
  • 保育士試験の筆記試験は9科目、実技試験は2分野から出題される
  • 筆記試験の合格基準は各科目6割以上の得点が必要だ
  • 保育士試験は前期と後期の年2回実施されている
  • 保育士試験の難易度は看護師国家試験よりも高い
  • 保育士試験の難易度が高い理由は筆記・実技両方の試験に合格する必要があるからだ
  • ピアノが弾けなくても保育士にはなれるが、保育現場ではピアノ演奏のスキルが求められる
  • 独学で一発合格するには強い意志とモチベーションの維持が重要だ
  • 保育士の魅力は子どもの成長を間近で見守れることだ
  • 保育士は子どもの命を預かる責任のある仕事である
  • 保育士資格は国家資格であり、一度取得すれば一生涯有効だ
  • ユーキャンの保育士講座は過去10年間で15,072名の合格実績がある
  • ユーキャンの保育士講座は初学者でも無理なく学習できるカリキュラムが特徴だ

保育士試験の一発合格は簡単ではありませんが、効率的な学習法と強い意志があれば不可能ではありません。

特に、ユーキャンの保育士講座は豊富な合格実績と初学者向けの丁寧なサポートが魅力です。

もし一発合格を目指すなら、ぜひユーキャンの講座の受講を始めてみませんか?

合格に必要なノウハウが詰まった講座を学んで、一発合格への第一歩を踏み出しましょう!

\ 15,072名の合格実績を誇る講座 /

みうら

最期まで読んでいただきありがとうございます❗

この記事を書いた人

みうら

資格ブログ」運営者

会社員。兼ブロガー

資格に関する知識を蓄積し共有しています

記事を参考に豊かな生活を送ってもらえたら幸いです

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事を流し読み