MENU

筋 トレ インストラクター 独学

当ページのリンクには広告が含まれています。
筋トレインストラクターは意味がないは誤解?真実を調べた

筋トレ初心者から、プロを目指す人まで注目! 筋トレインストラクターの資格を、独学で取得する方法をご存知ですか?

これまで、資格取得には専門学校に通うしかないと思っていませんでしたか?

しかし、実は独学でも十分に合格できるチャンスがあるのです。

ただし、独学には落とし穴も潜んでいます。

本当に独学で大丈夫?スクールに通うべき?

そんな不安を抱えている方のために、この記事ではすべてお答えします。

独学のメリット・デメリットから、合格率を上げる勉強法、さらには資格取得後の収入まで徹底解説!

あなたに最適な学習方法が、きっと見つかるはずです。

筋トレインストラクターの資格を取得し、あなたの可能性を広げるチャンスを掴みましょう!

最短2ヶ月で夢を実現させるための第一歩を、今すぐ踏み出しましょう。

この記事を読んでわかること
  • 独学で目指す際のメリットとデメリット
  • 独学で合格率を上げるための効果的な勉強法
  • 独学の限界とスクール受講のメリット
  • 資格取得後のキャリアと収入の可能性
この記事を流し読み

筋トレインストラクターを独学で目指す!資格取得のコツと注意点

筋トレインストラクター資格は意味ない?真実を探る
このセクションをざっと見る
  • 独学での資格取得は可能?合格するコツを公開!
  • 独学で目指す前に知っておくべきメリット・デメリット
  • 独学者必見!合格率を上げる学習方法のポイント
  • 独学で目指す人が陥りがちな落とし穴と対策

独学での資格取得は可能?合格するコツを公開!

筋トレインストラクターの資格は独学でも取得可能です。

ただし、合格するためにはいくつかのコツがあります。

ポイント

  • テキストを繰り返し読んで理解する
  • 実際に筋トレを行いながら学ぶ
  • 分からないことはすぐに調べる
  • 模擬試験で力試しをする

独学で合格するには、強い意志と努力が必要不可欠です。

ことり先生
独学は大変だけど、あきらめないことが大事だよ!

独学で目指す前に知っておくべきメリット・デメリット

独学で目指す前に知っておくべきメリット・デメリット

筋トレインストラクターを独学で目指すメリットとデメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
自分のペースで学習できる質問や相談ができない
費用を抑えられるモチベーションを保つのが難しい
時間の融通が利く実技の練習がしにくい

独学のメリットを活かして、デメリットを補うことが重要です。

例えば、分からないことはインターネットで調べたり、知人に相談したりしましょう。

また、実技の練習は動画を見ながら行うなど、工夫が必要です。

ことり先生
1人で頑張るのは大変だから、時には助けを借りようね

独学者必見!合格率を上げる学習方法のポイント

筋トレインストラクターの試験に合格するには、効率的な学習方法が欠かせません。

合格率を上げるためのポイントは以下の通りです。

ポイント

  • 試験範囲を確認し、重点的に学習する
  • 教材を活用し、体系的に知識を身につける
  • 実技の動画を見て、正しいフォームを理解する
  • 定期的に復習し、知識を定着させる

特に、実技の習得は筆記試験の合格にも直結します。

動画を繰り返し見て、自分の体で覚えることが重要です。

ことり先生
コツコツ積み重ねることが合格への近道だよ!

独学で目指す人が陥りがちな落とし穴と対策

独学で目指す人が陥りがちな落とし穴と対策

筋トレインストラクターを独学で目指す人は、以下のような落とし穴に陥りがちです。

  1. 学習範囲が広すぎて、何から手をつけていいか分からない
  2. 実技の練習がおろそかになり、知識だけが先行してしまう
  3. モチベーションが維持できず、途中で挫折してしまう

これらの落とし穴を避けるための対策は以下の通りです。

  • 試験範囲を確認し、学習の優先順位をつける
  • 実技の練習を計画的に行い、知識と実践のバランスを取る
  • 目標を明確にし、達成感を味わいながら学習を進める

つまずいたときは、一旦学習を休憩し、リフレッシュすることも大切です。

無理せず、自分のペースで着実に学習を進めていきましょう。

ことり先生
困ったときは、気軽に相談してね!1人で抱え込まないことが大事

筋トレインストラクター独学の限界とスクール受講のメリット

筋トレインストラクターの仕事は意味がないのか
このセクションをざっと見る
  • 独学vsスクール|どちらが合格への近道?
  • 独学での資格取得は限界あり?スクール受講のススメ
  • 資格取得にはスクールが最短!おすすめ講座を紹介
  • 独学で合格!勉強法と試験対策
  • 独学合格者が語る!資格取得後の収入・稼ぎ方
  • 【Q&A】筋トレインストラクターは独学で可能?
  • 【まとめ】筋トレインストラクター独学vs通信講座!

独学vsスクール|どちらが合格への近道?

筋トレインストラクターの資格取得には、独学とスクール受講の2つの選択肢があります

どちらが合格への近道かは、人によって異なります

独学のメリットは、自分のペースで学習できること

時間や場所に縛られず、働きながらでも資格取得が可能です

一方、スクール受講のメリットは、体系的なカリキュラムと手厚いサポートです

分からないことがあればすぐに質問でき、実技の練習も行えます

独学とスクール受講の特徴を比較すると、以下のようになります

独学スクール受講
自分のペースで学習できる体系的なカリキュラム
費用を抑えられる手厚いサポート
時間の融通が利く実技の練習が行える

合格への近道は、自分に合った学習方法を選ぶことです

ことり先生
自分に合った方法で、楽しみながら学ぶのが一番だよ!

独学での資格取得は限界あり?スクール受講のススメ

筋トレインストラクターの資格取得を独学で目指す場合、以下のような限界があります

  • 体系的な知識が身につきにくい
  • 実技のフォームが自己流になりがち
  • モチベーションの維持が難しい

これらの限界を克服するには、スクール受講がおすすめです

スクールでは、専門家が作成したカリキュラムに沿って学習を進められます

また、実技の練習では、講師がマンツーマンで指導してくれます

疑問点はその場で解決できるため、知識の定着も早いでしょう

さらに、スクールに通うことでモチベーションも維持しやすくなります

同じ目標を持った仲間と切磋琢磨できるのは、大きな励みになるはずです

スクールに通った方が資格取得の成功率は高いと言えるでしょう

ことり先生
1人で頑張るのは大変だから、時には仲間の力を借りようね

資格取得にはスクールが最短!おすすめ講座を紹介

筋トレインストラクターの資格を最短で取得するなら、スクール受講がおすすめです

中でも、アーキテクトラーニングの「筋トレインストラクター講座」は特におすすめです

この講座の特徴は以下の通りです

  • 初心者でも分かりやすいカリキュラム
  • 実技の動画付きで、正しいフォームが身につく
  • 2つの資格を同時に取得できる
  • 全国どこからでも受講可能

講座修了後に認定試験を受験できます

試験に合格すれば、晴れて筋トレインストラクターの資格が取得できるというわけです

アーキテクトラーニングでは、以下の2つのコースを用意しています

講座名受講料期間特徴
基本講座59,800円最短2ヶ月費用を抑えられる
スペシャル講座79,800円最短2ヶ月卒業と同時に資格取得

プラチナコースなら、卒業と同時に資格が取得できるので、最短での資格取得が可能です

ことり先生
自分に合ったコースを選んで、効率よく資格を取ろう!

独学で合格!勉強法と試験対策

筋トレインストラクターの資格試験に独学で合格するためには、正しい勉強法が欠かせません

おすすめの勉強法とその理由は以下の通りです

  1. テキストを繰り返し読み、重要事項をノートにまとめる
    • 知識を定着させるためには、反復学習が効果的だから
  2. 実際に筋トレを行いながら、正しいフォームを身につける
    • 実技試験では、正しいフォームが求められるから
  3. 過去問や練習問題を解き、弱点を洗い出す
    • 試験に出やすいポイントを押さえておくことが大切だから

試験対策としては、以下の点に注意しましょう

  • 試験範囲を確認し、漏れなく学習する
  • 時間配分を考えて、全ての問題に解答する
  • 体調管理に気をつけ、ベストコンディションで試験に臨む

独学での合格は簡単ではありませんが、諦めずに努力を継続することが大切です

ことり先生
コツコツ頑張れば、必ず合格できるはず!応援してるよ

独学合格者が語る!資格取得後の収入・稼ぎ方

筋トレインストラクターの将来性は?

筋トレインストラクターの資格を取得すると、様々な場所で活躍できます

例えば、以下のような働き方があります

  1. フィットネスクラブやジムでの指導
    • 会員に向けて、グループレッスンやパーソナルトレーニングを行う
  2. パーソナルトレーナーとして独立
    • 個人宅や自宅を開放して、マンツーマンでの指導を行う
  3. 企業での健康指導
    • 社員の健康増進を目的に、企業と提携して指導を行う

収入については、以下のような例があります

働き方収入例
フィットネスクラブでの指導月収20〜30万円
パーソナルトレーナー1回5,000円〜
企業での健康指導月収30〜50万円

ただし、収入は経験や実績によって大きく異なります

独立するには、集客やセールスのスキルも必要になってきます

資格取得後は、スキルアップと同時に、ビジネス面の学習も大切です

ことり先生
資格を活かすも殺すも、自分次第!自分らしい働き方を見つけよう

【Q&A】筋トレインストラクターは独学で可能?

筋トレインストラクターの資格は独学で取得できますか?

はい、筋トレインストラクターの資格は独学でも取得可能です。

ただし、独学での合格には強い意志と努力が必要になります。

筋トレインストラクター資格の種類は何がありますか?

筋トレインストラクターにはいくつかの資格があります。

例えば、日本インストラクター技術協会(JIA)の筋トレインストラクター資格、全米スポーツ医学会のパーソナルトレーナー(NSCA-CPT)、日本フィットネス協会のパーソナルトレーニング資格などがあります。

筋トレインストラクターの資格は就職に有利ですか?

はい、筋トレインストラクターの資格は民間資格ですが就職に有利になる可能性が高いです。

特にフィットネスクラブやスポーツ関連施設では、専門的な知識と技術を持つ人材を求めています。

資格を持っていることで、採用時の評価が高まる可能性があります。

資格を取得するのにかかる期間はどのくらいですか?

独学の場合、個人差はありますが、半年から1年程度が目安です。

スクールに通う場合は、最短で2ヶ月程度で取得可能です。

筋トレインストラクターとして独立するのは難しいですか?

独立すること自体は難しくありませんが、成功するためにはビジネススキルと専門知識が必要です。

クライアントを獲得し、長期的にビジネスを維持するためには、マーケティングや経営に関する知識も重要になります。

【まとめ】筋トレインストラクター独学vs通信講座!

まとめ

記事のポイントをまとめてみます。

記事のポイントまとめ
  • 筋トレインストラクターの資格は独学でも取得可能だ
  • 独学での合格には強い意志と努力が必要だ
  • 独学のメリットは自分のペースで学習できることだ
  • 独学のデメリットは質問や相談ができないことだ
  • 合格率を上げるには試験範囲を確認し重点的に学習することだ
  • 実技の習得は筆記試験の合格にも直結する
  • 独学で陥りがちな落とし穴は学習範囲が広すぎることだ
  • 独学の限界は体系的な知識が身につきにくいことだ
  • スクール受講のメリットは体系的なカリキュラムと手厚いサポートだ
  • スクールに通った方が資格取得の成功率は高いと言える
  • アーキテクトラーニングの「筋トレインストラクター講座」がおすすめだ
  • 独学での合格には正しい勉強法が欠かせない
  • 試験対策として試験範囲を確認し漏れなく学習することが大切だ
  • 資格取得後はフィットネスクラブやパーソナルトレーナーとして活躍できる
  • 収入は経験や実績によって大きく異なる

筋トレインストラクターの資格取得を目指すなら、独学よりもスクール受講がおすすめです。

特にアーキテクトラーニングの「筋トレインストラクター講座」は、初心者でも分かりやすいカリキュラムと実技の動画付きで、正しいフォームが身につきます。

2つの資格を同時に取得でき、全国どこからでも受講可能です。

筋トレインストラクターの資格を最短で取得したい方は、ぜひ講座の受講を考えてみましょう。

\ 筋トレ資格W取得 /

みうら

最期まで読んでいただきありがとうございます❗

この記事を書いた人

みうら

資格ブログ」運営者

会社員。兼ブロガー

資格に関する知識を蓄積し共有しています

記事を参考に豊かな生活を送ってもらえたら幸いです

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事を流し読み