MENU

主婦がファイナンシャルプランナーとして独立するための準備と手順

当ページのリンクには広告が含まれています。
主婦がファイナンシャルプランナーとして独立するための準備と手順

専業主婦から一歩踏み出し、ファイナンシャルプランナー(FP)として独立することはあなたの人生を大きく変えるチャンスかもしれません。

でも、いったいどんな準備が必要で、どうやって一歩を踏み出せばいいのか、そんな不安を抱えていませんか?

実は、数字に強くコミュニケーション能力が高い主婦は、FPとして大きな可能性を秘めているんです。

必要な資格や勉強方法、独立後の収入のリアルなど、FP独立への道のりをこの記事で詳しくお伝えします。

ファイナンシャル・プランナーの知識は、家計管理から保険の選び方まで、主婦の生活に大いに役立つスキル。

あなたも専門家としてのキャリアを築き、理想の生活を手に入れてみませんか?

たとえ今は未経験でも、しっかりとした準備と学習によって、きっとあなたの新しい可能性が開けるはずです。

さぁ、この記事からFP独立への一歩を踏み出しましょう!

この記事を読んでわかること
  • FPとして独立するために必要な資格と準備
  • 独立後のFPの収入と成功のコツ
  • 主婦がFPとして活躍できる理由と仕事の選択肢
  • 在宅でFPの資格を効率的に取得する方法

\ 確かな実績!!最短で目指せる /

この記事を流し読み

主婦がファイナンシャルプランナーとして独立するために知っておきたいこと

このセクションをざっと見る
  • FP3級は独学で合格できますか?
  • FP3級は生活に役立つ?
  • FPの資格を独学で取得するには何ヶ月かかる?
  • FPはいきなり独立できますか?
  • FPとして独立するには何級の資格が必要?

ファイナンシャルプランナーに向いている人は?

ファイナンシャルプランナーに向いている人は?

ファイナンシャルプランナー(以下FP)は、数字に強くデータ分析が得意な人や、コミュニケーション能力が高い人に向いている職業だ。

クライアントの生活やビジネスに関わる幅広い知識が求められるため、常に知識のアップデートを怠らないことが大切。

FPの仕事は、お金に関する知識だけでなく、人と接する力も必要とされる。

無資格でもFP業務はできるが、信頼を得るためにも資格の取得を目指すのがおすすめだろう。

ことり先生
数字に強く、知識欲のある人がFPに向いている!

FP3級は独学で合格できますか?

FP3級は、勉強時間が比較的少なくて済み、選択式の試験で合格率も高いことから、独学での合格が可能な資格と言われている。

合格するためのポイントは以下の通り。

ポイント

  • 勉強時間を確保する
  • 過去問題を繰り返し解く
  • 選択式の問題に慣れる
  • 苦手分野を重点的に勉強する

ただし、独学では理解が甘くなりがちなので、分からないことはそのままにせず、講座の活用や専門家に質問するなど、理解を深める工夫も必要

ことり先生
FP3級は独学でも合格できる!

FP3級は生活に役立つ?

FP3級は生活に役立つ?

FP3級の勉強を通して、税金や保険、金融商品、不動産、相続などお金に関する幅広い知識を身につけることができる

これらは日常生活と密接に関わるテーマばかりだ。

例えば、以下のようなメリットがある。

メリット

  • 家計管理がスムーズになる
  • 無駄な支出を減らせる
  • お得な金融商品を選べる
  • 将来のライフプランが立てやすくなる

一方で、FP3級レベルの知識では、具体的なアドバイスには限界があることも理解しておこう。

お金の悩みを本格的に解決したい場合は、FP2級以上の知識が求められる

ことり先生
FP3級は生活に役立つけど、アドバイスは2級以上の知識が必要だよ!

FPの資格を独学で取得するには何ヶ月かかる?

FPの資格取得に必要な勉強時間は、独学の場合、FP2級で150〜300時間、FP3級で80〜150時間とされている。

1日2時間の勉強を続けた場合、以下のような目安になる。

資格勉強時間/日勉強期間
FP2級2時間3〜4ヶ月
FP3級2時間2〜3ヶ月

ただし、勉強時間は人によって大きく異なるため、この目安はあくまで参考程度に考えよう

自分のペースでコツコツと勉強を積み重ねていくことが合格への近道だ。

ことり先生
FP2級は3〜4ヶ月、FP3級は2〜3ヶ月が目安だよ!

FPはいきなり独立できますか?

FPはいきなり独立できますか?

FPは未経験でも独立可能だ。

独立開業するにあたり、特段の制限はない

ただし、いきなり独立して成功するのは難しいのが現実。

以下のような課題があるためだ。

難しい理由

  • 集客力がない
  • 実務経験が乏しい
  • 知名度がない
  • 収入が不安定

したがって、独立前に以下の準備をしておくことが大切だ。

独立の前に

  • FPとしてのスキルを磨く
  • 人脈を広げる
  • 顧客ターゲットを明確にする
  • 独立後の収支計画を立てる

十分な準備をした上で、タイミングを見計らって独立するのがおすすめの流れといえる。

ことり先生
FPは独立できるけど、いきなりは難しいよ!

FPとして独立するには何級の資格が必要?

FPとして独立するには、最低でもFP2級の取得が望ましい

FP3級は基礎的な知識レベルのため、これだけでは独立系FPとしてクライアントから信頼を得ることは難しいだろう。

一方、FP1級は独立系FPとして活躍するには十分すぎる知識レベルだ。

したがって、独立を目指すなら以下のようなステップを踏むのがおすすめだ。

  1. まずはFP3級を取得する
  2. 実務経験を積みながらFP2級を目指す
  3. FP2級取得後に独立を検討する
  4. 将来的にはFP1級の取得を目指す

ただし、前述の通り資格だけでは独立は難しい。

資格取得と並行して、独立後の事業計画を練っておくことが大切だ。

ことり先生
独立するなら最低限FP2級かな!でも資格だけじゃダメだからね。

独立系ファイナンシャルプランナーとして働く主婦のリアル

このセクションをざっと見る
  • FPは何で儲かっている?
  • FPとして独立すると年収はいくら?
  • 独立系FPのデメリットは?
  • FPの資格を活かした主婦の仕事
  • FPの就職先と働き方
  • FPの資格を持つ主婦の再就職
  • FPを副業にする際の経験の積み方
  • 50代主婦がFPを副業にするコツ
  • 在宅でFPの資格を目指したい人はユーキャンがおすすめ!
  • ファイナンシャルプランナーで独立は主婦でも可能?に関するFAQ
  • 【まとめ】主婦がファイナンシャルプランナーとして独立するためには

FPは何で儲かっている?

FPは何で儲かっている?

FPの主な収入源は、以下の3つだ。

  1. 相談料(55.4%)
  2. 手数料収入(32.9%)
  3. その他の収入(11.7%)

半数以上を占めるのが、クライアントからの相談料収入。

FPの提供する知識やアドバイスに対して直接フィーを得ている。

次いで、金融商品の販売や不動産の仲介などで得る手数料収入が約3割を占める。

クライアントのニーズに合わせて最適な商品を提案し、成約に至れば手数料を得られるというわけだ。

ただし、FPの収入構造は個人差が大きい。

独立系FPの場合、収入の不安定さにも留意が必要だろう。

ことり先生
FPの収入の半分以上は相談料だよ!でも人によって違うからね。

FPとして独立すると年収はいくら?

FPとして独立した際の年収は、相談件数によって大きく異なる。

日本FP協会の調査によると、FPの1時間あたりの平均相談料は7,500円程度

仮に1日3時間の相談を行った場合の年収は以下のように試算できる。

7,500円 × 3時間 × 365日 = 8,212,500円

つまり、1日3時間の相談を毎日こなせば、年収は800万円を超えることになる。

ただし、これはあくまで机上の計算。

実際には以下のような変動要因がある。

  • 相談件数の増減
  • 相談料の高低
  • 固定費の大小
  • 営業活動の成否

特に独立初期は、相談件数が安定せず収入も不安定になりがち。

年収1,000万円以上を安定的に稼ぐには、相当の集客力と実力が必要とされる点に注意しよう。

ことり先生
独立FPの年収は、がんばり次第で1,000万円超も夢じゃないよ!

独立系FPのデメリットは?

独立系FPのデメリットは?

独立系FPには、以下のようなデメリットがある。

  • 収入が不安定
  • 福利厚生がない
  • 営業活動が必須
  • すべてを自分でやる必要がある

何よりも大きな課題は、収入の不安定さだ。

会社員とは違い、固定給がないため、相談件数や成約件数によって収入が大きく左右される。

また、独立系FPは個人事業主となるため、健康保険や年金などの福利厚生は自分で確保する必要がある。

さらに、集客のための営業活動は欠かせない。

ホームページの作成や名刺交換など、地道な活動が求められる。

加えて、経理や事務作業なども全て自分でこなす必要があり、FP業務以外の雑務が意外と多いというのも独立系FPの難しさと言えるだろう。

ことり先生
独立系FPは自由だけど、収入が不安定なのが大変だよね。

FPの資格を活かした主婦の仕事

FPの資格を持つ主婦には、以下のような仕事の選択肢がある。

  • 金融機関の窓口業務
  • 保険代理店の事務
  • FPとしてセミナー講師
  • 独立系FPとして開業
  • ライターとして執筆業

金融機関や保険代理店では、FPの知識を活かして顧客対応や事務作業を担当することができる。

また、FPの経験を積んだ後は、セミナー講師として活躍することも可能だ。

自治体や企業が主催する講座で、お金の知識を多くの人に伝える やりがいのある仕事と言える。

さらに、前述の通り 独立系FPとして開業することで、自分の裁量でFP業務に取り組むことができる。

育児や家事と両立しながら、無理のない範囲でキャリアを積んでいくのも一つの選択肢だろう。

そのほか、FPの知識を活かしてマネー系の記事を執筆するライターとして活動することも可能だ。

在宅でできる仕事なので、主婦に人気の働き方の一つだ。

ことり先生
FPの資格を持つ主婦は、家事や育児と両立できる仕事がたくさんあるよ!

FPの就職先と働き方

FPの就職先と働き方

FPの主な就職先は、以下のようなところだ。

  • 銀行や証券会社などの金融機関
  • 保険会社や保険代理店
  • 不動産会社
  • 税理士事務所や会計事務所
  • FP事務所

金融機関では、窓口業務や資産運用アドバイザーとして働くことができる。

保険会社や保険代理店では、保険商品の提案や販売が主な仕事となる。

不動産会社では、不動産の売買や賃貸の仲介業務においてFPの知識を活かすことができる。

税理士事務所や会計事務所では、顧客の財務コンサルティングを担当することもある。

また、独立系のFP事務所に就職し、個人事業主として活動することも可能だ。

一方で、FPの資格を活かして、企業内で社員教育を担当したり、セミナー講師として活躍したりするキャリアパスもある。

働き方も多様化しており、正社員としてキャリアを積む以外にも、契約社員やパート・アルバイトとして柔軟に働くことができる

ことり先生
FPの就職先は幅広いし、働き方も色々選べるよ!

FPの資格を持つ主婦の再就職

FPの資格を持つ主婦が再就職する際には、以下のようなメリットがある。

  • 金融や保険の知識を活かせる
  • 顧客対応スキルが評価される
  • 資格取得でアピール力が高まる

前述の通り、FPの知識は金融機関や保険会社などで役立てることができる。

また、FP資格の取得は、金融リテラシーの高さを示すアピールポイントにもなる。

ただし、主婦が再就職する際の課題もある。

  • ブランクによるスキルの低下
  • 家事や育児との両立の難しさ
  • 正社員としての採用が難しい

数年間のブランクがあると、金融業界の最新動向から取り残されてしまうリスクがある。

また、家事や育児を優先せざるを得ず、思うように働けない可能性もある。

加えて、主婦の再就職では、正社員としての採用が難しいケースも多い。

パートやアルバイトからのスタートを求められることが少なくない。

したがって、再就職に向けては、以下の準備が大切だ。

再就職に向けて

  • 最新の金融情報をキャッチアップする
  • 家族との協力体制を整える
  • 柔軟な働き方を受け入れる

地道な努力を重ねることで、FPとしてのキャリアを再スタートさせることができるだろう。

ことり先生
主婦の再就職は大変だけど、FPの資格があれば活躍のチャンスがあるよ!

FPを副業にする際の経験の積み方

FPを副業にする際の経験の積み方

FPを副業として始める際は、以下のような方法で経験を積むことができる。

経験の積み方

  • 身近な人にFPとして相談に乗る
  • FP関連のセミナーや勉強会に参加する
  • 金融機関や保険会社でアルバイトをする
  • ブログやSNSでFPとしての情報発信をする

身近な人から相談を受けることで、実践的なFPスキルを身につけることができる

また、セミナーや勉強会に参加することで、最新の金融情報をキャッチアップできる。

金融機関や保険会社でのアルバイトは、実務経験を積むためには最適だ。

窓口業務や営業同行などを通じて、FPとしてのコミュニケーション力を高めることができる。

さらに、ブログやSNSを活用して情報発信することで、FPとしての知名度を高めることも可能だ。

自分の知見を多くの人に届けることで、信頼を獲得し、副業としての基盤を築くことができる。

ただし、副業としてFPに取り組む際は、本業とのバランスに注意が必要だ。

無理のない範囲で、着実に経験を積んでいくことが大切だろう。

ことり先生
FPの副業は、身近なところから始めるのがおすすめだよ!

50代主婦がFPを副業にするコツ

50代の主婦がFPを副業にする際のコツは、以下のようなことが挙げられる。

ポイント

  • 自分の強みを活かす
  • ターゲットを明確にする
  • 家族の理解と協力を得る
  • 無理のないペースで始める

50代の主婦は、豊富な人生経験と幅広い人脈を持っていることが強みだ。

これらを活かして、同世代の主婦をターゲットにしたFP業務を展開することができる。

例えば、老後資金の準備や子供の教育資金など、同世代の主婦が抱える悩みに寄り添ったアドバイスを提供することで、信頼を獲得しやすくなる。

また、家族の理解と協力を得ることも重要だ。

副業とはいえ、FP業務にはある程度の時間と労力が必要となる。

家族と協力して家事を分担するなど、無理のない範囲で活動することが求められる。

さらに、いきなり大きな目標を掲げるのではなく、小さなステップから始めることがポイントだ。

例えば、まずは月に1件の相談から始めて、徐々に件数を増やしていくなど、無理のないペースで進めることが大切だ。

50代からFPを始めるのに遅すぎることはない

自分のペースでコツコツと活動することで、生涯現役のFPとして活躍することができるだろう。

ことり先生
50代主婦の強みを活かして、無理のないペースでFPを始めよう!

在宅でFPの資格を目指したい人はユーキャンがおすすめ!

在宅でFPの資格を目指したい人はユーキャンがおすすめ!

FPの資格取得を在宅で目指すなら、ユーキャンの通信講座がおすすめだ。

ユーキャンのFP講座は以下のような特長があり、効率的に学習を進められる。

ユーキャンの特徴

  • 過去10年間で16,523名の合格実績
  • 学習量を最小限に抑えたフルカラーテキスト
  • スマホでも学べる便利な学習ツール
  • 講座修了で2級FP技能検定の受検資格が得られる
  • 法改正や時事問題に対応した充実のサポート

テキストや講義動画をスマホで視聴できるので、隙間時間を有効活用しながら着実に学習を進められる。

また、Webテストを使った弱点対策や、自動作成される学習スケジュールのおかげで、効率的に合格力を高められるのだ。

さらに、ユーキャンのFP講座は日本FP協会の認定講座

講座の課題に合格すれば、実務経験がなくても2級FP技能検定の受検資格を得られるのも大きなメリットだ。

ファイナンシャルプランナーの知識は、家計管理から資産運用、保険の選び方まで、生活のさまざまな場面で役立つ。

在宅で、自分のペースでじっくりと学習したい人は、ユーキャンの通信講座で目指してみてはいかがだろうか。

ことり先生
在宅でFPの資格が目指せるなんて、ユーキャンの講座は最高だね!

ファイナンシャルプランナーで独立は主婦でも可能?に関するFAQ

ファイナンシャルプランナーに向いている主婦の特徴は何ですか?

数字に強く、データ分析が得意な主婦や、コミュニケーション能力が高い主婦がファイナンシャルプランナーに向いています。

常に幅広い知識のアップデートを怠らない向上心も大切です。

主婦がファイナンシャルプランナーとして独立するには何が必要ですか?

最低限FP2級の資格を取得し、できればFP1級の資格取得を目指すことが望ましいです。

さらに独立前に十分な実務経験を積み、人脈を広げ、顧客ターゲットを明確にし、事業計画を立てることが大切です。

主婦がファイナンシャルプランナーとして独立・開業した場合の収入はどのくらいですか?

独立したファイナンシャルプランナーの年収は、1時間あたりの相談料が平均7,500円程度で、1日3時間の相談を毎日行えば年収800万円以上も可能です。

ただし、集客力と実力次第で収入に大きな差が出ます。

主婦が独立系ファイナンシャルプランナーになるデメリットは何ですか?

独立系FPの主なデメリットは、収入が不安定なこと、福利厚生がないこと、営業活動が必須なこと、事務作業など全てを1人でこなす必要があることです。

家事・育児との両立の難しさにも注意が必要です。

50代の主婦がファイナンシャルプランナーの資格を活かすコツは何ですか?

50代主婦がFPとして独立する際は、同世代の主婦をターゲットに、老後資金や教育資金など共感を得やすい分野でアドバイスすることがおすすめです。

まずは身近な人から相談を受けるなど、無理のないペースで活動することが成功のコツです。

【まとめ】主婦がファイナンシャルプランナーとして独立するためには

まとめ

記事のポイントをまとめてみます。

記事のポイントまとめ
  • FPは数字に強く、データ分析やコミュニケーション能力が高い主婦に向いている
  • 知識のアップデートを怠らない向上心も重要だ
  • FP3級は独学でも合格可能で、勉強時間は2〜3ヶ月程度が目安だ
  • FP3級の知識は家計管理や無駄な支出の削減に役立つ
  • より具体的なアドバイスにはFP2級以上の知識が必要だ
  • FP2級の独学での勉強期間は3〜4ヶ月程度が目安だ
  • FPは未経験でも独立可能だが、いきなりの独立は難しい
  • 独立前にスキル習得、人脈づくり、顧客ターゲットの明確化、収支計画が大切だ
  • 独立するなら最低限FP2級、できればFP1級の取得が望ましい
  • FPの主な収入源は相談料だが、人によって収入構造は異なる
  • 独立FPの年収は努力次第で1,000万円以上も可能だ
  • 独立系FPは自由度が高い一方、収入の不安定さがデメリットだ
  • FP資格を持つ主婦は金融機関や保険代理店、ライターなど幅広い仕事で活躍できる
  • 50代主婦がFPとして独立する際は同世代の主婦をターゲットにすると良い
  • 無理のないペースで活動することが成功のコツだ
  • 在宅でFPの資格取得を目指すならユーキャンの通信講座がおすすめだ

FPの知識は家計管理から資産運用、保険の選び方まで、主婦の生活に大いに役立つスキルです。

独立への道のりは簡単ではありませんが、しっかりとした準備と学習によって、あなたも専門家としてのキャリアを築くことができるでしょう。

まずは無理のないペースで学習をスタートすることが大切。

ユーキャンの講座は在宅で効率良く学べるカリキュラムが充実しているので、ぜひ公式サイトから一歩を踏み出してみてください。

新たな可能性があなたを待っています。

みうら

最期まで読んでいただきありがとうございます❗

この記事を書いた人

みうら

資格ブログ」運営者

会社員。兼ブロガー

資格に関する知識を蓄積し共有しています

記事を参考に豊かな生活を送ってもらえたら幸いです

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事を流し読み