MENU

基本情報技術者試験に3回落ちた私が合格した理由

当ページのリンクには広告が含まれています。
基本情報技術者試験に3回落ちた私が合格した理由

こんにちは。

あなたは基本情報技術者試験に挑戦したものの、残念ながら不合格になってしまったのではないでしょうか。

でも、大丈夫です。

私も何度も基本情報技術者試験に落ちた経験があります。

基本情報技術者試験は、ITパスポート試験よりも難易度が高い国家資格です。

プログラミングやセキュリティなど、ITエンジニアに必要なスキルを幅広く問われるため、合格するのは簡単ではありません。

しかし、基本情報技術者の資格を取得することで、ITスキルを証明でき、就職や転職に有利になるなど、多くのメリットがあります。

だからこそ、何度落ちても諦めずに挑戦し続ける価値があるのです。

確かに、試験に落ちたことを周りに知られるのは恥ずかしいかもしれません。

でも、挑戦し続ける姿勢こそが評価されるべきです。

基本情報技術者試験が難しいのは、出題範囲が広いことや、IT特有の専門用語が多いことが理由です。

どんなに頑張っても「受かる気がしない」と感じてしまうこともあるでしょう。

でも、効果的な学習方法を見つけ、苦手分野を克服していけば、必ず合格への道は開けます。

この記事では、私が基本情報技術者試験に複数回落ちた経験から学んだ、合格するための秘訣をお伝えします。

再チャレンジを考えている方、ぜひ参考にしてみてください。

次こそは合格したいと思っているあなたに、役立つヒントが満載ですよ。

この記事を読んでわかること
  • 基本情報技術者試験の特徴と難易度
  • 試験に落ちても諦めずに挑戦し続ける重要性
  • 効果的な学習方法と再受験のコツ
  • 合格のために活用できる通信講座の情報

\ スマホ1台でいつでも試験対策 /

この記事を流し読み

基本情報技術者試験に落ちた!次の一手は?

このセクションをざっと見る
  • 基本情報技術者試験とITパスポートとの違いは?
  • 基本情報技術者試験は国家資格?
  • 資格を取るメリットは?
  • 身につくスキルは?
  • 再受験のポイント
  • 科目Aだけ合格で科目Bに落ちた場合
  • 不合格通知と再受験の手順
  • 受かる気がしない人へのアドバイス
  • 難しいのはなぜ?
  • 独学で合格するには何時間必要?

基本情報技術者試験とITパスポートとの違いは?

基本情報技術者試験とITパスポートとの違いは?

基本情報技術者試験とITパスポート試験は、どちらもITに関する知識を問う国家試験だが、目的や難易度に違いがある。

ITパスポートは、社会人に必要なIT知識の習得を目的としているのに対し、基本情報技術者試験は、ITエンジニアを目指す人に必要な、より高度な知識を問う試験となっている。

具体的な違いは以下の通り。

  • ITパスポートはIT技術や経営・管理の基礎知識のみだが、基本情報技術者試験はそれに加えプログラミングなどの専門知識も出題される
  • ITパスポートは四肢択一方式だが、基本情報技術者試験は4つ以上の選択肢がある一問一答形式
  • 基本情報技術者試験の方が高い評価を得られる

ITパスポートは「レベル1」基本情報技術者試験は「レベル2」に相当し、後者の方が難易度が高い。

ことり先生
目指すキャリアに合わせて、どちらの試験を受けるか選ぼう!

基本情報技術者試験は国家資格?

結論から言うと、基本情報技術者試験は、経済産業省が認定している国家資格の一つだ。

情報処理技術者としての知識・技能が一定以上であることを、国が認定する試験となっている。

基本情報技術者試験は「情報処理技術者試験」と呼ばれる試験群の中の一つで、ITエンジニアとしての基礎的な知識を問う位置づけとなっている。

情報処理技術者試験は、難易度に応じて以下の4つのレベルに区分されている。

  • レベル1:ITパスポート試験
  • レベル2:基本情報技術者試験
  • レベル3:応用情報技術者試験など
  • レベル4:ITストラテジスト試験など

基本情報技術者は、ITエンジニアへの第一歩を踏み出すのに相応しい国家資格と言える。

ことり先生
国に認められたITエンジニアへの登竜門だね!

資格を取るメリットは?

資格を取るメリットは?

基本情報技術者の資格を取得すると、以下のようなメリットがある。

  • DX化が進む中で、ITスキルを証明でき、時代に取り残されない
  • 客観的にITスキルを証明でき、市場価値が上がる
  • IT知識をアピールでき、採用の際に有利に働く
  • 企業から資格手当や報奨金がもらえる可能性がある

特に、IT業界への転職を考えている人には、基本情報技術者の資格は大きな武器になるだろう。

ただし、資格取得だけがゴールではない。

資格で得た知識を実務で活かし、さらにスキルアップしていくことが重要だ。

ことり先生
資格は武器!でもそれだけじゃダメだよ!

身につくスキルは?

基本情報技術者試験の勉強を通して、以下のようなITエンジニアとして必要不可欠なスキルが身につく。

  • コンピュータシステムの仕組み
  • プログラミングの基礎
  • ネットワークの知識
  • データベースの知識
  • セキュリティの知識
  • システム開発の流れ
  • 経営やマーケティングの知識

特に、プログラミングやアルゴリズムの問題を解くことで、論理的思考力も鍛えられる。

また、マネジメントやストラテジの分野も出題範囲に含まれるため、経営的な視点も養える。

ITの基礎知識を幅広く学べるので、エンジニアとしてのスキルアップはもちろん、ITを活用する様々な業務にも役立つはずだ。

ただし、試験範囲が広いので、体系的に学習していくことが大切である。

ことり先生
ITの基礎が身につくから、色んな仕事で役立つよ!

再受験のポイント

再受験のポイント

基本情報技術者試験に何度も不合格になっても、諦めずに挑戦し続けることが大切だ。

合格率は2020年の試験方式変更以降、40%台と上昇傾向にあるので、何度でもチャレンジしよう。

再受験する際のポイントは以下の通り。

  • 特に間違えた問題は重点的に見直す
  • 弱点を分析し、集中的に学習する
  • 問題を解く順番や時間配分を工夫する
  • 本番と同じ形式の模擬試験で実力を測る

前回の不合格の原因を冷静に分析し、より効率的な学習方法を見つけることが重要だ。

独学で壁にぶつかっているなら、通信講座などを活用するのもおすすめだ。

ことり先生
何度も落ちても、諦めないで!効率的に学ぼう!

科目Aだけ合格で科目Bに落ちた場合

基本情報技術者試験は、科目Aと科目Bの両方の試験に合格する必要がある。

もし、科目Aには合格したが科目Bでは不合格だった場合、次回はBだけ受験することはできない。

残念ながら、次回も両方の試験を再度受ける必要があるのだ。

ただし、科目Aの勉強は十分できているはずなので、次は科目Bに重点を置いて対策しよう。

具体的には、以下のような学習が有効だ。

  • アルゴリズムの問題を反復練習する
  • プログラミングの基本的な文法を復習する
  • 情報セキュリティの重要ポイントを押さえる
  • 選択式問題の解き方を身につける

科目Bは選択式問題なので、問題パターンを掴むことが合格への近道になる

模擬試験などを繰り返し解いて、出題傾向をつかむことが大切だ。

ことり先生
Bに落ちてもあきらめないで!Bを徹底的に対策しよう!

不合格通知と再受験の手順

不合格通知と再受験の手順

基本情報技術者試験の合否結果は、試験日から約1ヶ月後に発表される。

不合格だった場合、試験結果通知書が郵送されてくる。

再受験する際は、以下の手順を踏む。

  • IPA(情報処理推進機構)のウェブサイトから申し込む
  • 受験料を支払う(2023年度は7,500円)
  • 受験票を印刷し、試験当日に持参する

再受験の際は、前回の試験から30日以上経過している必要があるので注意しよう

また、再受験料の割引などはないため、受験料は毎回発生する。

不合格通知を受け取るのはショックかもしれないが、次回こそ合格できるよう、前向きに学習を続けることが大切だ。

ことり先生
不合格は落ち込まずに、次のステップだと思おう!

受かる気がしない人へのアドバイス

基本情報技術者試験の勉強をしていて、「受かる気がしない」と感じることがあるかもしれない。

特に独学で勉強していると、つまずいた時に一人で悩んでしまいがちだ。

そんな時は、以下のようなことを心がけてみよう。

  • いきなり合格を目指すのではなく、まずは苦手分野を克服するなど、小さな目標を立てる
  • いつも同じ勉強法では効果が出にくいので、新しい学習法を取り入れてみる
  • 独学は孤独になりがち。オンラインでも良いので、一緒に勉強する仲間を見つける
  • 集中力が続かない時は、無理せず休憩を取る。

合格への道のりは一直線ではない。

時には回り道をしたり、立ち止まったりしながら、ゴールを目指すのだ。

困った時は、一人で抱え込まずに、周りの力を借りることも大切だ。

諦めずに前に進んでいけば、必ず合格できる日が来るはずだ。

ことり先生
一人で悩まないで!いろんな工夫をしてみよう!

難しいのはなぜ?

難しいのはなぜ?

基本情報技術者試験が難しいと感じる理由は、以下のようなことが考えられる。

  • ITの基礎知識から応用まで、幅広い分野からの出題がある
  • IT特有の用語が多く登場し、理解するのが大変
  • 午後試験は、長文読解力が問われる
  • プログラミングの知識がないと解くのが難しい問題がある

特に、IT初学者にとっては、馴染みのない用語や概念が多く、とっつきにくいと感じるだろう。

ただし、ITエンジニアにとって必要な知識ばかりなので、将来のキャリアを考えると避けては通れない試験でもある。

効率的な学習方法を見つけ、苦手分野を克服していくことが合格への近道になるはずだ。

ことり先生
難しいのはみんな同じ!効率的に勉強する方法を見つけよう!

独学で合格するには何時間必要?

基本情報技術者試験は、独学で合格を目指す人も多い。

独学で合格するために必要な勉強時間は、IT知識がない人の場合、およそ200時間と言われている。

ただし、この時間はあくまで目安であり、個人差が大きい。

以下のような要因によって、必要な勉強時間は変わってくる。

  • ITパスポートなど、基礎知識があれば学習時間は短縮できる
  • 独学に適した教材選びや、集中して勉強できる環境づくりが重要
  • 苦手分野の克服に時間がかかる人もいれば、すぐに理解できる人もいる

大切なのは、自分に合ったペースで、コツコツと勉強を積み重ねていくこと。

最初は1日1時間から始めて、徐々に勉強時間を増やしていくのも良いだろう。

限られた時間の中で効率的に学ぶには、学習計画を立てることが不可欠だ。

ことり先生
まずは自分に合った学習計画を立てることからスタートしよう!

基本情報技術者試験に落ちた人におすすめの講座

このセクションをざっと見る
  • 基本情報の試験に次こそ合格したい人はこの講座がおすすめ
  • 頻出範囲を10分の動画で効率よく学習
  • 科目B試験も動画でしっかり対策
  • CBT方式を再現した模擬試験で本番に備える
  • スマホ学習でスキマ時間を有効活用
  • 充実のサポート体制で初学者も安心
  • 基本情報技術者試験に落ちた場合のFAQ
  • 【まとめ】基本情報技術者試験に3回落ちた私が合格した理由

基本情報の試験に次こそ合格したい人はこの講座がおすすめ

基本情報の試験に次こそ合格したい人はこの講座がおすすめ

基本情報技術者試験に何度か挑戦したけれど、不合格に終わっているあなた。

次こそは絶対に合格したいと思っているなら、ユーキャンの通信講座がおすすめだ。

ユーキャンの講座は、以下のような特徴がある。

  • 10分程度の短い動画で、効率よく学習できる
  • 合格のカギを握る科目Bの対策が充実している
  • 本番と同じCBT方式の模擬試験で実力が測れる
  • スマホ学習に対応しており、スキマ時間を有効活用できる

特に、独学では理解しにくいアルゴリズムや情報セキュリティの分野も、動画で丁寧に解説してくれるので安心だ。

合格率UPのポイントを押さえた講座内容になっているので、今までの学習法から切り替えて、効果的に学んでみるのも良いだろう。

講師に質問もできるので、一人で悩む必要もない。

ことり先生
ユーキャンの講座なら、合格への最短ルートが見えてくるよ!

頻出範囲を10分の動画で効率よく学習

ユーキャンの基本情報技術者講座の大きな特徴は、10分程度の短い動画で構成されていること。

1レッスンが10分ほどなので、隙間時間を有効に活用して学習を進められる

仕事や学業で忙しいあなたでも、着実に学習を進められるはずだ。

動画では、試験に頻出のポイントを中心に、わかりやすく解説してくれる。

要点がコンパクトにまとめられているので、効率的に知識を身につけることができる。

ただし、動画だけでは物足りないと感じる人もいるかもしれない。

その場合は、補助教材としてテキストを活用したり、自分で参考書を用意したりすることをおすすめする。

動画講義は、あくまで効率重視の学習方法なので、自分に合った使い方を工夫してみよう。

ことり先生
10分動画なら、すき間時間を有効活用できるね!

科目B試験も動画でしっかり対策

科目B試験も動画でしっかり対策

基本情報技術者試験の科目B試験は、アルゴリズムやプログラミングなどの問題が出題され、多くの受験者が苦手意識を持っている。

試験の合否を分けるカギとも言える科目Bだが、ユーキャンの講座なら心配ない。

科目Bの対策にも力を入れており、動画講義で丁寧に解説してくれるからだ。

初学者にとって理解しにくい疑似言語なども、動画なら具体的なイメージを持って学ぶことができる。

動画を繰り返し視聴することで、苦手意識を克服し、得点力を上げることが期待できるだろう。

ただし、プログラミングは実際に手を動かして練習することも大切だ。

動画で学んだ後は、自分で問題を解いてみるなどして、知識を定着させることが重要である。

ことり先生
科目Bは動画で基礎を学んだ後、たくさん問題を解いて慣れよう!

CBT方式を再現した模擬試験で本番に備える

ユーキャンの講座には、CBT方式を再現した模擬試験が用意されている。

CBTとは、コンピュータを使った試験形式のことで、現在の基本情報技術者試験はこの方式で行われている。

模擬試験では、本番と同じ操作画面や時間配分で問題が出題されるので、試験当日の雰囲気を事前に体験できる

問題に慣れるだけでなく、システムの操作にも慣れることができるので、本番で戸惑うことがないはずだ。

模擬試験の結果からは、自分の強み・弱みも分析できる。

苦手分野を洗い出し、重点的に復習することで、効果的なスキルアップが図れるだろう。

ただし、過去問題と同じように、模擬試験だけをやれば合格できるわけではない。

あくまで実力確認の場と捉えて、日頃の学習の成果を測るために活用しよう。

ことり先生
模擬試験は合格への最終チェック!何度も受けて実力を磨こう!

スマホ学習でスキマ時間を有効活用

スマホ学習でスキマ時間を有効活用

ユーキャンの講座は、スマホやタブレットでも学習できるので、通勤途中や休憩時間など、ちょっとした空き時間を有効に活用できる。

スマホで学習できるコンテンツは動画講義だけではない。

過去問題や練習問題などにも取り組めるので、移動中でも効果的な学習が可能だ。

スマホ学習専用のアプリがあれば、さらに手軽に取り組めるだろう。

オフラインでも使えるので、ネット環境を気にせず、いつでもどこでも学習を進められる。

ただし、スマホの小さな画面では、長時間の学習は目が疲れやすい。

自宅ではPCで学習するなど、メリハリをつけることも大切だ。

ことり先生
スマホで隙間時間に勉強できるのは、忙しい人にはありがたいね!

充実のサポート体制で初学者も安心

ユーキャンの講座は、初学者でも安心して学習を進められるよう、手厚いサポート体制が整っている。

まず、質問サポートがある。

学習中に分からないことがあれば、メールで質問することができる

講師陣が丁寧に回答してくれるので、学習を止めることなく先に進むことができるだろう。

また、受講開始から8ヶ月の間は、質問し放題となっている。

じっくり取り組みたい人でも、十分なサポートを受けられる期間設定だ。

さらに、独学では得にくい合格体験記なども紹介されている。

先輩合格者の体験談は、モチベーション維持にも役立つはずだ。

ただし、サポートはあくまでも補助であることは忘れずに。

最終的に合格を決めるのは、自分自身の努力だということを肝に銘じよう。

ことり先生
分からないことは一人で抱え込まず、サポートを上手に活用しよう!

基本情報技術者試験に落ちた場合のFAQ

基本情報技術者試験に落ちた場合、次はいつ受験できますか?

基本情報技術者試験は通年実施されており、前回の受験日の翌日から起算して30日を超えた日以降であれば、再受験が可能です。

ただし、再受験料の割引はありませんので、受験料は毎回発生します。

基本情報技術者試験の科目Aに合格したのに科目Bで落ちました。次は科目Bだけ受けられますか?

基本情報技術者試験では、科目Aと科目Bの両方に合格する必要があります。

もし片方の科目だけ合格した場合でも、次回は両方の試験を再度受ける必要があります。

部分合格の制度はありません。

基本情報技術者試験に何度も不合格になっています。どうすれば合格できますか?

基本情報技術者試験に合格するためには、効果的な学習方法を見つけることが重要です。

苦手分野を重点的に復習したり、学習方法を見直したりすることをお勧めします。

また、独学が難しいようであれば、通信講座などを活用することも検討してみてください。

基本情報技術者試験に落ちたことを職場に知られるのが恥ずかしいです。

試験の合否は、受験者本人にのみ通知されます。

職場に知られることはありませんので、安心してください。

むしろ、試験に挑戦し続ける姿勢は、上司や同僚から高く評価される可能性が高いです。

恥ずかしがらずに、次の試験に向けて準備を進めましょう。

基本情報技術者試験に落ちて、自信をなくしてしまいました。どう立ち直ればいいでしょうか?

試験に不合格になることは、誰にでもあることです。大切なのは、諦めずに次の試験に向けて努力を続けることです。

自信をなくさないためにも、小さな目標を立てて、着実に学習を進めていきましょう。

また、オンラインでも良いので、一緒に勉強する仲間を見つけるのもお勧めです。

互いに励まし合いながら、合格を目指しましょう。

【まとめ】基本情報技術者試験に3回落ちた私が合格した理由

まとめ

記事のポイントをまとめてみます。

記事のポイントまとめ
  • 基本情報技術者試験に何度落ちても諦めずに挑戦し続けることが重要だ
  • 合格率は2020年以降の試験方式変更で40%台に上昇している
  • 不合格の原因を冷静に分析し、効率的な学習方法を見直すべきだ
  • 過去問や間違えた問題を重点的に復習することが大切だ
  • 弱点となる分野を集中的に学習し、克服することが求められる
  • 試験当日の時間配分や問題を解く順番を工夫するのも有効だ
  • 本番と同じCBT方式の模擬試験で実力を確認することが欠かせない
  • 独学の限界を感じたら、通信講座の活用を検討してみるのもよい
  • 科目Aと科目Bの両方の合格が必要で、片方だけの合格では不十分だ
  • 科目Aに合格済みなら、次は科目Bに特化した対策を立てるべきだ
  • 科目Bではアルゴリズムの反復練習が得点アップのカギを握る
  • プログラミングの基本文法の理解も科目B対策には欠かせない
  • 情報セキュリティの重要ポイントを確実に押さえることが求められる
  • 選択式問題の解答パターンを会得することが合格への近道だ
  • 試験結果は受験者本人にのみ通知され、職場に知られる心配はない
  • 一時的に自信を失っても、小さな目標を立てて前向きに学習を続けることが肝要だ

基本情報技術者試験の合格を目指すなら、効果的な学習方法の確立が何より大切です。

もし独学で行き詰まりを感じているなら、ユーキャンの通信講座がおすすめです。

試験に頻出のポイントを10分程度の動画で効率よく学べるほか、合否のカギを握る科目Bの対策も万全です。

CBT方式を再現した模擬試験や、経験豊富な講師陣に質問できるサポート体制も心強い味方になるはずです。

合格を本気で目指すなら、ぜひ講座の受講をご検討ください。

みうら

最期まで読んでいただきありがとうございます❗

この記事を書いた人

みうら

資格ブログ」運営者

会社員。兼ブロガー

資格に関する知識を蓄積し共有しています

記事を参考に豊かな生活を送ってもらえたら幸いです

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事を流し読み