MENU

170万人が実践!怒りを鎮める最強の方法とは!?

当ページのリンクには広告が含まれています。
170万人が実践!怒りを鎮める最強の方法とは!?

イライラして物を壊したくなる衝動に駆られる」「怒りが抑えられずに、周りに当たり散らしてしまう」といった経験はありませんか?

怒りっぽい人は、実は何かが不足しているのかもしれません。

そんな「どうしても怒りをコントロールできない」とお悩みの方に、怒りを鎮める魔法の言葉や、アンガーマネジメントという怒りをコントロールする方法をご紹介します。

自分の怒りやカッとなるのを抑える方法を学びたい」というあなたにこそ、アンガーマネジメントはおすすめ。

日本で170万人以上が実践している、怒りと上手に付き合うための心理トレーニングを、ぜひ始めてみませんか?

怒りの感情と向き合い、コントロールする力を身につければ、人間関係の改善や、ストレスのない穏やかな毎日が手に入ります。

本記事では、即効性のある怒りを鎮める方法から、長期的に怒りっぽさを改善するテクニックまでを詳しく解説していきます。

この記事を読んでわかること
  • 怒りを鎮める即効性のある方法
  • 怒りっぽさを改善する食事や習慣
  • 怒りの原因となる病気の可能性
  • アンガーマネジメントによる怒りのコントロール術
この記事を流し読み

怒りを鎮める方法を知って自分をコントロールしよう

このセクションをざっと見る
  • 怒りっぽい人は何か不足しているのか
  • イライラして物を壊したくなるのはなぜ?
  • 家族にだけキレてしまう病気とは
  • すぐカッとなる発達障害の特徴と対処法
  • 怒りを鎮める6秒ルールとは?
  • イライラを止める食べ物は?
  • 怒りを抑える魔法の言葉を唱えてみる
  • やり場のない怒りを発散する方法

怒りっぽい人は何か不足しているのか

怒りっぽい人は何か不足しているのか

怒りっぽい人は、タンパク質が不足していることが多いです。

タンパク質の欠乏は、セロトニンを減少させ、落ち込みやイライラを起こしやすくします。

つまり、タンパク質の摂取量が少ない人は、イライラしやすく、怒りっぽくなるというわけです。

タンパク質を十分に摂取することで、怒りっぽさを改善できる可能性があります

タンパク質を多く含む食べ物としては、肉類、魚介類、大豆製品、乳製品、卵などがあげられます。

ことり先生
タンパク質をしっかり摂ろう!

イライラして物を壊したくなるのはなぜ?

心理学では、「破壊衝動」という言葉があり、ストレスなどが原因で、衝動的に物などを破壊したくなるという感情を指します。

通常は、物を破壊することを我慢しようとするため、知らないうちにストレスが溜まってしまうのです。

叩いてスカッとするグッズを使えば、破壊衝動という欲求を満たし、ストレス発散にもつながるかもしれません。

物に当たる」人は、些細なことでイラッとしたり、不満を感じやすい傾向があります。

自分の怒りやストレスを上手にコントロールすることができないので、その結果として物に当たってしまうのです。

ことり先生
ストレス発散グッズを使ってみよう!

家族にだけキレてしまう病気とは

家族にだけキレてしまう病気とは

家族にイライラ・キレてしまう時に考えられる病気には、パーソナリティ障害、適応障害、うつ病、発達障害、双極性障害、月経前症候群、更年期障害、反抗挑発症などがあります。

例えば、パーソナリティ障害は、考え方・捉え方に極端な偏りがあり、しばしば情緒面や人間関係のトラブルを起こしてしまう障害です。

また、双極性障害では、相手の行動を否定的に解釈したり、ささいなことでも怒りを爆発させたりする症状があります。

過去の出来事を鮮明に思い出すブラッシュバック発作がある人もいて、昔のできごとなのに、まるで今起きたかのように怒り狂うこともあります。

ことり先生
家族にだけキレるのは病気かも?

すぐカッとなる発達障害の特徴と対処法

ADHDは、発達障害の中の一つであり、注意欠如、多動性障害ともいわれています

注意が散漫で落ち着きがなく、衝動的に行動しやすいというところが特徴的です。

ADHDの人は行動や感情をコントロールすることが苦手な人が多く、すぐにカッとなり乱暴な行動をとってしまうこともあります。

ADHD以外の発達障害も怒りをコントロールすることが難しいといわれています。

発達障害の特徴として、気分を切り替えられない、急な予定変更に柔軟に対応できない、他人と意思疎通が苦手というものがあります。

そのため、自分の想像と現実との違いに差ができやすく、怒りが起こりやすいのです。

また、一度怒りを感じると気分をリセットしにくく、長く怒りを持続させてしまう人も多いでしょう。

ことり先生
発達障害の特性を理解しよう!

怒りを鎮める6秒ルールとは?

怒りを鎮める6秒ルールとは?

怒りを鎮める方法の1つに、「6秒ルール」があります。

これは、イラッとした時に6秒待ってみるというシンプルな方法です。

6秒待てば、すべての怒りがなくなるわけではありませんが、少しずつ気持ちが落ち着くので、理性的に考え、行動できるようになってきます。

怒りの感情のピークは、だいたい「6秒間」と言われています。

6秒間過ぎれば、徐々に怒りの感情は鎮まっていくのです。

そのため、イライラや怒りを感じたときは、まずは心の中で6秒数えてみましょう。

6秒間経って、怒りのピークが過ぎれば冷静な判断がしやすくなります

ことり先生
6秒待てば怒りが和らぐかも!

イライラを止める食べ物は?

イライラした時におすすめの食べ物には、バナナ、納豆や味噌、ミックスナッツ、ビターチョコレート、ミルクココアなどがあります。

バナナにはセロトニンを作るために必要な栄養素がすべて含まれています。

バナナの糖分は消化吸収が早いため、すばやくエネルギーを消費できます。

納豆や味噌などの大豆製品には、セロトニンの材料になるトリプトファンが含まれています。

また、納豆や味噌などは発酵食品でもあるため、腸内環境を整える効果も期待できます。

ミックスナッツには、ビタミンB群やビタミンE、カルシウムなどが含まれています。

これらの栄養素により、イライラを軽減できるでしょう。

ビターチョコレートに含まれるポリフェノールは、気分を落ち着かせるのに有効です。

ミルクココアのココアには、自律神経を整える作用があるテオプロミンが含まれています。

ことり先生
イライラした時の特効食だね!

怒りを抑える魔法の言葉を唱えてみる

怒りを抑える魔法の言葉を唱えてみる

怒りを抑える魔法の言葉には、「なんとかなる」「明日になったら忘れる」「たいしたことない」などがあります。

イライラや怒りを感じたときに、これらの言葉を心の中で唱えてみましょう

これを習慣にするだけでも、ふっと怒りを和らげることができます。

自分が落ち着けそうな言葉であれば何でも構いません。

例えば、「大丈夫」「自分は穏やか」など、自分なりの魔法の言葉を見つけてみるのもいいでしょう。

怒りを感じたときに、「落ち着ける言葉」を心の中で唱えることで、怒りの感情をコントロールしやすくなります。

ことり先生
魔法の言葉で怒りをコントロール!

やり場のない怒りを発散する方法

やり場のない怒りを発散する方法としては、深呼吸をしながら冷たい水で手を洗うのが効果的です。

怒りを感じているその場から、歩いて移動をするなど物理的に距離を置くことも有効です。

その場から離れたときは、怒りの原因となったものや人のことを考えることを一時的にやめてみてください。

時間をおいても怒りがわいてくるような状態の時は、身体に別の刺激を与えることが有効です。

水にのせて流していくイメージで、深呼吸をしながら、冷たい水で手を洗います。

その時に、「今の怒りは10点満点で何点だろう。この出来事を客観的に見ると何が起こっているのだろう」と自分に問いかける事で、冷静さを取り戻し、感情のコントロールが可能になります。

ことり先生
やり場のない怒りは発散しよう!

アンガーマネジメントで怒りを鎮める方法を身につけよう

このセクションをざっと見る
  • どうしても怒りをコントロールできない人におすすめ
  • 自分の怒りやカッとなるのを抑える方法が学べる
  • 怒りが収まらない、許せない自分を変えたい人に
  • アンガーマネジメントはこんな人におすすめ
  • 怒りを鎮めるには、この方法が最も効果的に関するFAQ
  • 【まとめ】怒りを鎮める最強の方法とは!?

どうしても怒りをコントロールできない人におすすめ

どうしても怒りをコントロールできない人におすすめ

どうしても怒りをコントロールできない人には、アンガーマネジメントがおすすめです。

アンガーマネジメントとは、怒りと上手に向き合い、コントロールするための心理トレーニングのことです。

アンガーマネジメントを学べば、怒りをコントロールできるようになり、本当に必要な時だけ怒り、あとで後悔してしまうような無駄な怒りを減らすことができます。

短気な性格は直るはずがない」と考えている方でも大丈夫です。

アンガーマネジメントは日本だけで延べ170万人以上が受講しており、現代人の必須スキルと言えるほどです。

アンガーマネジメントを習得して、怒りの感情と上手く向き合い、よりストレスのない幸せな毎日を送りましょう。

ことり先生
アンガーマネジメントで怒りとサヨナラ!

自分の怒りやカッとなるのを抑える方法が学べる

アンガーマネジメントでは、自分の怒りやカッとなるのを抑える具体的な方法が学べます。

例えば、イラッという怒りの衝動を抑える「6秒ルール」や、怒りの原因となる「べき」という言葉について、怒る必要があるかないかの線引きの仕方など、実際に怒りをコントロールするためのテクニックや考え方を身につけることができます

また、怒ったということ自体は覚えていても、何に対しどの程度怒ったかまでは覚えていないこともあります。

そんな時は、怒ったきっかけや内容について書き留める「アンガーログ」をつけることで、自身を理解し対策を立てやすくなります。

アンガーマネジメントを習得する上で、これらの方法は必要不可欠な内容です。

ことり先生
怒りをコントロールする技を身につけよう!

怒りが収まらない、許せない自分を変えたい人に

怒りが収まらない、許せない自分を変えたい人に

怒りが収まらない、許せない自分を変えたいと思っている人には、アンガーマネジメントがおすすめです。

怒りという感情は、人間にとって自然な感情であり、時に必要なことです。

しかし、たとえ理由が正当であっても、怒った側は、怒った後に自己嫌悪に陥り、また、怒られた側も不満を感じたり傷つくものです。

怒りをコントロールすることは、怒る側にも怒られる側にも良いことです。

より良い人間関係を築くために、アンガーマネジメントを習得しましょう。

アンガーマネジメントを学べば、怒りをコントロールできるようになり、本当に必要な時だけ怒れるようになります

さらに、上手な叱り方についても学べるので、相手を正しい方向に導くことができます。

ことり先生
怒りから解放されて、理想の自分に!

アンガーマネジメントはこんな人におすすめ

アンガーマネジメントはこんな人におすすめ

アンガーマネジメントは、以下のような方におすすめです。

  • 些細なことでイライラし、日々ストレスを感じている方
  • 仕事中にイライラしてしまい、お悩みの方
  • 子育て中、つい感情的に叱ってしまう方
  • 介護の現場で、イライラを募らせてしまっている方
  • 上手な叱り方を学んで、マネジメントに活かしたい管理職の方
  • より良い人間関係を築きたいすべての方

怒りやイライラは価値観の違いから生まれることが大半です。

価値観が多様化する現代では、少しのことでもイライラを感じやすくなっています。

アンガーマネジメントは、多くの企業研修でも取り入れられており、仕事中の怒りにも有効です。

また、職場や周りに怒りやすい人がいて困っているという方にもおすすめです。

ことり先生
あなたもアンガーマネジメントを始めよう!

\ 日本で延べ170万人以上が受講!/

怒りを鎮めるには、この方法が最も効果的に関するFAQ

アンガーマネジメントで本当に怒らなくなるのでしょうか?

アンガーマネジメントのゴールは怒らないようになることではありません。

怒りの感情は、時に必要な感情です。

アンガーマネジメントを学べば、怒りをコントロールできるようになり、本当に必要な時だけ怒り、あとで後悔してしまうような無駄な怒りを減らすことができます。

感情コントロールが難しいのはなぜでしょうか?

感情のコントロールが難しい理由としては、自分を理解できていない、完璧主義である、ネガティブなことを引きずってしまう、ストレスをため込みやすい、などが挙げられます。

イライラした時におすすめの食べ物はありますか?

イライラした時のおすすめの食べ物や飲み物には、バナナ、納豆や味噌などの大豆製品、ミックスナッツ、ビターチョコレート、ミルクココアなどがあります。

これらの食べ物には、イライラを軽減する栄養素が含まれています。

怒りを鎮める簡単な方法はありますか?

怒りを鎮める簡単な方法としては、「6秒ルール」があります。

これは、イラッとした時に6秒待ってみるというシンプルな方法です。

6秒待てば、すべての怒りがなくなるわけではありませんが、少しずつ気持ちが落ち着くので、理性的に考え、行動できるようになってきます。

すごく短気なのですが、改善できますか?

はい、大丈夫です。

アンガーマネジメントは日本だけで延べ170万人以上が受講しており、現代人の必須スキルと言えるほどです。

アンガーマネジメントでイラッとしたときの対処術や上手な怒り方を学び、それを繰り返し実践し習慣化することができれば、誰でも怒りをコントロールできます。

【まとめ】怒りを鎮める最強の方法とは!?

まとめ

記事のポイントをまとめてみます。

記事のポイントまとめ
  • 深呼吸をすることで、怒りの感情を鎮めることができる
  • 怒りを感じたら、まずは6秒待ってみるのが効果的だ
  • 「なんとかなる」「明日には忘れる」などの魔法の言葉を唱えてみよう
  • イライラを軽減する食べ物には、バナナ、納豆、味噌、ミックスナッツなどがある
  • 怒りっぽい人は、タンパク質不足の可能性がある
  • 物に当たりたくなるのは、ストレスが原因の「破壊衝動」かもしれない
  • 家族にだけキレてしまうのは、何らかの病気が関係している可能性がある
  • ADHDなどの発達障害は、怒りのコントロールが難しいという特徴がある
  • 怒りを感じたら、その場から離れて物理的に距離を置くのも有効だ
  • 冷たい水で手を洗いながら深呼吸すると、怒りが鎮まりやすい
  • 自分なりの「落ち着ける言葉」を見つけて、怒りを感じた時に唱えてみよう
  • アンガーマネジメントを学べば、怒りをコントロールするスキルが身につく
  • アンガーマネジメントは、日本で延べ170万人以上が受講している
  • アンガーマネジメントでは、怒りの感情と上手に付き合う方法を学べる
  • 怒りをコントロールできるようになれば、人間関係も改善できる

怒りの感情は誰もが持っているものですが、コントロールするのは難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

本記事で紹介したような方法を試してみても、なかなか怒りを鎮められないという方には、アンガーマネジメントの習得がおすすめです。

アンガーマネジメントを学べば、怒りと上手に付き合うスキルが身につき、人間関係の改善にもつながります

ぜひ、アンガーマネジメントの講座を受講して、怒りのコントロール力を高めてみてください。

\ 日本で延べ170万人以上が受講!/

みうら

最期まで読んでいただきありがとうございます❗

この記事を書いた人

みうら

資格ブログ」運営者

会社員。兼ブロガー

資格に関する知識を蓄積し共有しています

記事を参考に豊かな生活を送ってもらえたら幸いです

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事を流し読み