MENU

行政書士は恥ずかしい?年収1,000万円も可能な真実

当ページのリンクには広告が含まれています。
行政書士は恥ずかしい?年収1,000万円も可能な真実

行政書士は恥ずかしい資格なんて思っていませんか?

実は、そんな考えは大きな誤解なんです。

行政書士は、法律の専門家として、市民や企業の権利を守るために重要な役割を果たしています。

許認可申請や遺言・相続手続きなど、幅広い分野で活躍し、依頼者の問題解決に貢献しているんですよ。

しかも、行政書士の平均年収は約580万円と、一般的なサラリーマンよりも高水準。

独立開業すれば、年収1,000万円以上を目指すことだってできるんです。

確かに、行政書士試験の合格率は10%程度と難関ですが、適切な学習方法と努力を重ねれば、合格は決して不可能ではありません。

本記事では、行政書士の魅力や将来性、高収入を実現する方法などを徹底解説します。

あなたの行政書士に対する見方が変わるかもしれませんよ。

この記事を読んでわかること
  • 行政書士は社会的に重要な役割を担う尊敬すべき職業であること
  • 行政書士は高収入を得られる可能性があること
  • 行政書士試験は難関だが、適切な学習法で合格できること
  • 行政書士は多様な働き方や活躍の場があること
この記事を流し読み

行政書士が恥ずかしいと言われる理由を探る

このセクションをざっと見る
  • 行政書士の仕事内容と社会的意義
  • 資格取得が就職や転職に与える影響
  • 将来性と需要
  • 向いている人の特徴

行政書士の仕事内容と社会的意義

行政書士の仕事内容と社会的意義

行政書士は、官公庁に提出する書類の作成や手続き代行を主な業務とする国家資格者だ。

例えば、飲食店を開業する際の営業許可申請や、建設業を営む際の許可申請など、行政書士は市民や企業の身近な相談相手として重要な役割を担っている。

また、遺言書作成や成年後見制度の利用などの相続・遺言関連業務、在留資格の取得や帰化申請などの外国人関連業務など、取り扱う業務は多岐にわたる。

  • 官公庁への許認可申請
  • 遺言・相続関連業務
  • 外国人関連業務

行政書士は、単なる事務手続きの代行者ではなく、依頼者の立場に立って最適な解決策を提案する専門家として、社会に貢献している。

ことり先生
行政書士は、市民の権利を守る司法の担い手なんだね!

資格取得が就職や転職に与える影響

行政書士の資格は、就職や転職に有利に働くケースが多い。

特に、金融機関や不動産会社、行政書士事務所などでは、行政書士資格保有者を優遇する傾向にある。

また、行政書士の資格は、独立開業も可能な資格であるため、サラリーマンから独立を目指す方にとっても魅力的だ。

ただし、資格取得だけでは就職や転職に直結するわけではない。

前述の通り、行政書士の業務は多岐にわたるため、資格取得後も継続的な学習と実務経験の積み重ねが求められる。

  • 金融機関や不動産会社での優遇
  • 行政書士事務所への就職
  • 独立開業の可能性

行政書士資格は、キャリアアップのツールとして有効活用できるが、資格取得がゴールではなく、あくまでもスタートラインに立つための手段と捉えることが大切だ。

ことり先生
行政書士の資格を活かせば、キャリアの選択肢が広がるわけだね!

将来性と需要

将来性と需要

少子高齢化や国際化、行政手続きのデジタル化など、社会情勢の変化に伴い、行政書士の需要は今後ますます高まると予想される

例えば、高齢化社会の進行により、遺言書作成や成年後見制度の利用に関する相談が増加傾向にある。

また、グローバル化に伴い、外国人の在留資格取得や帰化申請などの手続きを依頼されるケースも増えている。

  • 高齢化に伴う相続・遺言関連業務の増加
  • 国際化に伴う外国人関連業務の需要拡大
  • デジタル化に対応した新たな業務の開拓

さらに、行政のデジタル化が進む中で、電子申請など新たな手続きに対応できる行政書士の需要も高まっている。

このように、行政書士は社会の変化とともに、その役割や需要が拡大していくことが期待される。

ことり先生
社会の変化とともに、行政書士の活躍の場が広がっているんだね!

向いている人の特徴

行政書士に向いている人の特徴として、以下のようなものが挙げられる。

まず、法律に関する知識や理解力が求められる。

行政書士の業務は法律に基づいて行われるため、法律の条文を正確に理解し、解釈する能力が必要不可欠だ。

また、依頼者の悩みに寄り添い、適切なアドバイスを行うためには、コミュニケーション能力やヒアリング力も重要となる。

  • 法律の知識と理解力
  • コミュニケーション能力
  • 問題解決能力

加えて、複雑な問題に直面した際に、解決に向けて粘り強く取り組む姿勢も必要だ。

幅広い分野の知識を吸収しようとする向上心や好奇心も大切な資質と言える。

行政書士は、単なる法律の専門家ではなく、依頼者の問題解決のパートナーとして活躍することが求められる職業だ。

ことり先生
行政書士は法律のプロフェッショナルなんだね!

\ 無料!!体験講義で確かめよう /

行政書士が恥ずかしいとは言えなくなる理由

このセクションをざっと見る
  • 決して恥ずかしい資格ではない
  • 試験の難易度と合格率
  • 資格取得までの道のりと勉強法
  • 効率的な試験対策と合格のコツ
  • 年収と収入アップのコツ
  • 働き方の多様性
  • 魅力とやりがい
  • 資格取得を迷っている人へのアドバイス
  • 行政書士は恥ずかしい?FAQ
  • 【まとめ】行政書士は恥ずかしい?年収1,000万円も可能な真実

決して恥ずかしい資格ではない

決して恥ずかしい資格ではない

行政書士は、法律の専門家として社会に貢献する尊敬すべき職業だ。

確かに、一部の人からは「行政書士は恥ずかしい」などと揶揄されることもあるが、それは行政書士の実態を正しく理解していないがゆえの偏見に過ぎない。

前述の通り、行政書士は官公庁への許認可申請や、遺言・相続関連業務、外国人関連業務など、幅広い分野で活躍している。

また、資格取得のハードルは決して低くなく、試験合格率は10%前後と非常に難関だ。

  • 社会に貢献する尊敬すべき職業
  • 幅広い分野で活躍
  • 難関国家資格

加えて、行政書士の平均年収は約580万円と、一般的なサラリーマンよりも高水準にある。

独立開業すれば、年収1,000万円以上を稼ぐ行政書士も珍しくない。

このように、行政書士は社会的意義や将来性、経済的な面でも魅力的な資格であり、恥ずかしいものでは決してない

行政書士を目指す人は、自信を持って資格取得に向けて邁進してほしい。

ことり先生
行政書士の仕事内容を知れば、恥ずかしいなんて思わないはず!

試験の難易度と合格率

行政書士試験は、法律系国家資格の中でも特に難関とされている。

直近5年間の合格率を見てみよう。

年度合格率
2019年度(令和元年度)11.48%
2020年度(令和2年度)10.72%
2021年度(令和3年度)11.18%
2022年度(令和4年度)12.13%
2023年度(令和5年度)13.98%

合格率は10%程度で推移しているのがわかる。

また、行政書士試験の出題範囲は広く、憲法、民法、行政法、商法など多岐にわたる法律知識が問われる。

  • 合格率は10%前後
  • 広範な法律知識が必要
  • 独学での合格は難しい

このように、行政書士試験は非常にハードルが高く、独学のみで合格することは難しいと言える。

効率的な学習方法と適切な対策が求められる試験だ。

ことり先生
10人受験しても、合格できるのは1人だけなんだね!

資格取得までの道のりと勉強法

資格取得までの道のりと勉強法

行政書士資格を取得するには、試験に合格する必要がある。

試験は毎年11月に行われ、受験資格の制限はない。合格後、日本行政書士会連合会に入会することで、晴れて行政書士になることができる。

行政書士試験の勉強法としては、大きく分けて独学、通学講座、通信講座の3つがある。

前述の通り、行政書士試験は独学での合格が難しいため、通学講座や通信講座の利用がおすすめだ。

  • 独学
  • 通学講座
  • 通信講座

特に、教材のクオリティが高く、価格も手頃な通信講座は、働きながら学習する社会人に人気がある。

ただし、講座選びは慎重に行う必要がある。

合格実績や講師の質、サポート体制など、自分に合った講座を選ぶことが重要だ

行政書士の資格取得は簡単ではないが、適切な学習方法と努力を重ねれば、必ず合格できる。

諦めずに挑戦を続けることが大切だ。

ことり先生
行政書士になるまでの道のりは大変そうだけど、やる価値はあるよね!

効率的な試験対策と合格のコツ

行政書士試験に合格するには、効率的な学習方法と適切な対策が不可欠だ。

まず、学習範囲を絞り込むことが重要だ。

行政書士試験の出題範囲は広いため、すべてを網羅しようとすると膨大な時間がかかってしまう。

次に、インプット(学習)とアウトプット(問題演習)のバランスを意識することが大切だ。

  • 学習範囲の絞り込み
  • インプットとアウトプットのバランス
  • 継続的な学習習慣

知識を詰め込むだけでなく、過去問を解くなどして知識の定着を図る必要がある。

また、学習を継続的に行うことが合格への近道だ。

前述の通り、行政書士試験は難関であるため、短期間の詰め込みでは合格が難しい。

毎日コツコツと学習を積み重ね、着実に知識とスキルを身につけていくことが重要である。

ことり先生
出題頻度の高い重要論点を中心に学習するのが賢明だね!

年収と収入アップのコツ

年収と収入アップのコツ

行政書士の平均年収は約580万円だが、収入は働き方によって大きく異なる。

勤務先の行政書士事務所の規模や立地、自身の経験や能力によって年収は変動するため、一概に言えないのが実情だ。

一方で、独立開業した行政書士の場合、年収1,000万円以上を稼ぐことも可能だ。

  • 勤務先と経験によって年収は変動
  • 独立開業で高収入を目指せる
  • スキルアップと実績積み上げが重要

ただし、独立開業は簡単ではない。

事務所の立ち上げに加え、顧客獲得のための営業活動など、経営者としての能力が問われる。

収入アップのためには、法律知識のアップデートはもちろん、実務経験を積み重ねることが重要だ。

行政書士の業務は多岐にわたるため、幅広い分野の知識と経験が求められる。

継続的なスキルアップと実績の積み上げが、収入アップへの近道と言えるだろう。

ことり先生
収入アップのためには、スキルアップが欠かせないんだね!

働き方の多様性

行政書士の働き方は、大きく分けて「勤務型」「独立開業型」の2つに分類できる。

勤務型の行政書士は、行政書士事務所や企業の法務部門などに所属し、安定した収入を得ることができる。

一方、独立開業型の行政書士は、自らの事務所を構えて顧客獲得に努める必要があるが、その分、収入面でのメリットは大きい。

また、行政書士の中には、副業として資格を活用する人も多い。

  • 勤務型(行政書士事務所や企業に所属)
  • 独立開業型(自らの事務所を運営)
  • 副業型(本業の傍らで行政書士業務)

本業の傍らで行政書士業務を行うことで、収入の安定性を保ちつつ、スキルアップを図ることができる。

このように、行政書士は自身のライフスタイルに合わせて柔軟に働き方を選択できるのが大きな特徴だ。

多様な働き方を実現できる行政書士は、ワークライフバランスを重視する人にとって魅力的な職業と言えるだろう。

ことり先生
ライフスタイルに合わせて働き方を選べるのが魅力的だよね!

魅力とやりがい

魅力とやりがい

行政書士の魅力は、何と言っても「人の役に立てる」ことだ。

行政書士は、許認可申請や遺言・相続、外国人関連業務など、幅広い分野で市民や企業をサポートする。

依頼者の悩みに寄り添い、適切な解決策を提案することがやりがいにつながる。

  • 市民や企業の身近な相談相手
  • 幅広い分野で活躍できる
  • 依頼者の問題解決がやりがい

また、行政書士は法律の専門家として、社会的な地位も高い。

行政書士は難関国家資格であるため、資格取得自体が大きな自信につながる。

加えて、行政書士は生涯現役で活躍できる職業だ。

年齢に関係なく、長く働くことができるのも魅力の1つと言える。

このように、行政書士は「人の役に立てる」というやりがいと、「専門家としての誇り」を持てる魅力的な職業なのだ。

ことり先生
行政書士は、人生の様々な場面で頼りにされる存在なんだね!

資格取得を迷っている人へのアドバイス

行政書士の資格取得に迷っている人は、まずは自身のキャリアビジョンを明確にすることが大切だ。

仕事内容や働き方が自分に合っているか、十分に検討する必要がある。

また、試験の難易度の高さも考慮に入れる必要がある。

前述の通り、行政書士試験の合格率は10%前後と非常に低く、簡単に合格できる試験ではない。

  • 自身のキャリアビジョンを明確にする
  • 行政書士の仕事内容や働き方を理解する
  • 試験の難易度を考慮する

ただし、難易度の高さに尻込みする必要はない。

適切な学習方法と努力を重ねれば、必ず合格できる。

資格取得後のキャリアプランを想像しながら、モチベーションを高く保つことが重要だ。

また、行政書士の資格は、社会に貢献できるやりがいのある仕事だ。

市民や企業の身近な相談相手として、人の役に立てることが大きな魅力である。

資格取得を迷っている人は、行政書士の魅力とやりがいに目を向けてみるのも良いだろう。

最後に、資格スクエアの行政書士講座の検討をおすすめしたい

資格スクエアの講師は試験合格のスペシャリストであり、効率的な学習方法を提案してくれる。

まずは無料で講義を体験し、自分に合った教材とサポート体制を選ぶことが賢明だ。

行政書士の資格は、一生モノのスキルを身につけられる価値ある資格だ。

キャリアアップを目指す人にとって、挑戦する価値は十分にある。

ことり先生
行政書士の魅力を知って、自分に合っているか考えてみよう!

行政書士は恥ずかしい?FAQ

行政書士は本当に恥ずかしい資格なのでしょうか?

行政書士は決して恥ずかしい資格ではありません。

行政書士は国家資格であり、市民や企業の権利を守る重要な役割を担っています。

許認可申請や遺言・相続手続きなど、幅広い分野で活躍しており、社会的意義の高い資格です。

行政書士の仕事は恥ずかしいものなのでしょうか?

行政書士の仕事は恥ずかしいものではありません。

行政書士は、市民や企業の身近な相談相手として、許認可申請や遺言・相続手続き、外国人関連業務などを行います。

これらの業務は、依頼者の権利を守り、問題解決に導くための重要な仕事です。

行政書士の資格を取得すると、周りから恥ずかしいと思われるのでしょうか?

行政書士の資格を取得することは、周りから恥ずかしいと思われるようなことではありません。

むしろ、難関の国家資格を取得したことで、周囲からの信頼や尊敬を得ることができます。

行政書士の資格は、社会的地位の高い専門家としての証でもあります。

行政書士の平均年収が低いのは恥ずかしいことでしょうか?

行政書士の平均年収は約580万円であり、一般的なサラリーマンよりも高い水準にあります。

また、独立開業すれば年収1,000万円以上を目指すこともできます。

収入面で恥ずかしいことはなく、むしろ高収入を得られる可能性のある資格です。

行政書士の資格を目指すことは恥ずかしいことでしょうか?

行政書士の資格を目指すことは全く恥ずかしいことではありません。

資格取得に向けて努力することは、自己投資であり、キャリアアップにつながる立派な挑戦です。

行政書士の資格は、一生モノのスキルを身につけられる価値ある資格であり、目指す価値は十分にあります。

【まとめ】行政書士は恥ずかしい?年収1,000万円も可能な真実

まとめ

記事のポイントをまとめてみます。

記事のポイントまとめ
  • 行政書士は依頼者の立場に立って最適な解決策を提案する専門家である
  • 資格は就職や転職に有利に働くことが多い
  • 資格は独立開業も可能な魅力的な資格である
  • 行政書士の需要は社会情勢の変化に伴い今後ますます高まると予想される
  • 行政書士に向いているのは法律知識、コミュニケーション能力、問題解決能力を持つ人である
  • 行政書士は法律の専門家として社会に貢献する尊敬すべき職業である
  • 試験の合格率は10%程度の難関試験である
  • 試験は独学での合格が難しいため通学講座や通信講座の利用がおすすめである
  • 試験合格のコツは学習範囲の絞り込みとインプット・アウトプットのバランスである
  • 行政書士の平均年収は約580万円で一般的なサラリーマンよりも高水準である
  • 独立開業した行政書士は年収1,000万円以上を稼ぐことも可能である
  • 行政書士は勤務型、独立開業型、副業型など多様な働き方を選択できる
  • 行政書士の魅力は人の役に立てることとやりがいである

行政書士の資格取得は決して恥ずかしいことではなく、社会に貢献できるやりがいのある仕事です。

試験の難易度は高いですが、適切な学習方法と努力を重ねれば合格は十分可能です。

もし行政書士の資格取得に興味があるなら、まずは資格スクエアの無料講義を体験して、効率的な学習方法や合格のコツを学んでみてはいかがでしょうか。

講師は試験合格のスペシャリストばかりなので、きっとあなたの行政書士合格への一歩を支援してくれるはずです。

\ 無料!!体験講義で確かめよう /

みうら

最期まで読んでいただきありがとうございます❗

この記事を書いた人

みうら

資格ブログ」運営者

会社員。兼ブロガー

資格に関する知識を蓄積し共有しています

記事を参考に豊かな生活を送ってもらえたら幸いです

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事を流し読み